伝統を継ぐということ(後編)

伝統を継ぐということ(後編) 2014.10.09 特集 日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)/スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)

13代目「日産スカイライン」で、車名の由来となったワインディングロードを疾走。最新モデルの実力を探るとともに、半世紀以上にわたって受け継がれてきた、開発者の精神に思いをはせる。

カスタマイズできるドライブモード

前編からのつづき
渋峠へは、草津から国道292号を登っていく。標高が高いため冬季は積雪で埋まり、もちろん、クルマは通行止めだ。試乗に訪れたのはちょうど紅葉の時期で、平日ながら観光客が多かった。赤や黄色に彩られた木々は美しいが、一部は木が生えない荒涼とした風景だ。活発な火山活動によって有毒なガスが発生しており、危険なのでクルマの駐停車が禁じられている区域もある。

「200GT−t」では、ドライブモードが「スポーツ」「スタンダード」「スノー」「パーソナル」の4種から選択できる。「パーソナル」は自分好みに設定を変えることができるモードで、「エンジン・トランスミッション」「ハンドル操舵(そうだ)力」「コーナリングスタビリティアシスト」の3項目でカスタマイズする。それぞれ3通り、2通り、2通りの選択肢があり、合計12通りの組み合わせから選べるわけだ。

高速道路では「スタンダード」でこと足りたが、山道ではやはり「スポーツ」を選びたくなる。アクセルオンに対するレスポンスは明らかに素早くなり、ステアリングの手応えもしっかりする。このモードは最もスポーティーな設定になっているので、わざわざ「パーソナル」で別の組み合わせを追求する必要はなさそうだ。さらにATをマニュアルモードに変え、パドルシフトにすれば気持ちのいいドライビングが約束される。

「350GT ハイブリッド」に乗り換えると、事情は変わってくる。ドライブモードに「エコ」が加わるほか、ターボモデルでは12通りだった「パーソナル」モードの組み合わせが、一気に96通りにまで増えるのだ。「アクティブレーンコントロール」が加わって項目が一つ増えた上に、エンジン・トランスミッションとハンドリングの項目の選択肢も広がるのだ。

日本有数の温泉街である草津町から、国道292号を志賀高原方向へ。白根山は活火山であり、「湯釜」と呼ばれる火口湖を中心に、草木の生えない荒涼とした光景が広がっている。
日本有数の温泉街である草津町から、国道292号を志賀高原方向へ。白根山は活火山であり、「湯釜」と呼ばれる火口湖を中心に、草木の生えない荒涼とした光景が広がっている。
シフトセレクターの後方のダイヤルは、ナビゲーションシステムなどを操作するコントローラー。その手前にあるのが、ドライブモードを切り替えるスイッチだ。
シフトセレクターの後方のダイヤルは、ナビゲーションシステムなどを操作するコントローラー。その手前にあるのが、ドライブモードを切り替えるスイッチだ。
「パーソナル」モードの設定は、インパネ下段のタッチスクリーンで行う。
「パーソナル」モードの設定は、インパネ下段のタッチスクリーンで行う。
シフトパドルはマグネシウム製で、ステアリングホイールではなくステアリングコラムに設置されるタイプ。ターボ車、ハイブリッド車ともに「Type SP」のみに設定される。
シフトパドルはマグネシウム製で、ステアリングホイールではなくステアリングコラムに設置されるタイプ。ターボ車、ハイブリッド車ともに「Type SP」のみに設定される。

伝統を継ぐということ(後編) の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る