新型SUV「ディスカバリー スポーツ」受注開始

2014.10.09 自動車ニュース
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE」
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE」

新型SUV「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」受注開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2014年10月8日、「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」の予約受注を開始した。

ディスカバリー スポーツは、ランドローバーの新たなプレミアムSUVであり、オンロードでの俊敏性とオフロードでの走破性、快適さと多用途性を兼ね備えた室内空間などが特徴として挙げられている。

車体構造はモノコックで、高張力鋼とアルミニウムを使ったボディーシェルを採用。軽量化と高いねじり剛性を実現しているという。足まわりは独立式サスペンションで、特にリアには新型マルチリンク式アクスルを採用。エンジンは最高出力240psを発生する直列4気筒直噴ガソリンターボで、トランスミッションは9段ATとなっている。

また車内空間については、2741mmのホイールベースによりゆとりのあるレッグルームを確保。シートレイアウトは2列5人乗りに加え、3列7人乗りをオプション設定している。

ハイテク装備の採用にも積極的で、コーナリング時のアンダーステア発生を抑える「トルク・ベクタリング・バイ・ブレーキング(TVbB)」や、周辺の状況に応じてハイビーム機能を制御する「オートマチック・ハイビーム・アシスト」、センサーにデジタルステレオカメラを用いた自動緊急ブレーキ(AEB)、車線逸脱警報、歩行者用エアバッグなどを設定している。

ラインナップと価格は以下の通り。
・ディスカバリー スポーツSE:492万円
・ディスカバリー スポーツHSE:582万円
・ディスカバリー スポーツHSEラグジュアリー:692万円

(webCG)
 

関連キーワード:
ディスカバリー スポーツランドローバー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8 2018.1.17 画像・写真 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。同車の詳細を写真で紹介する。
  • ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売 2018.1.17 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8エンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。英国での車両価格は15万ポンド(約2280万円)から。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • フォルクスワーゲンe-ゴルフ(FF)【試乗記】 2018.1.10 試乗記 100%電気自動車の「フォルクスワーゲンe-ゴルフ」に試乗。“Cセグメントのベンチマーク”とも評される「ゴルフ」は、電動化によっていかなるクルマへと変化したのか。約250kmの試乗を通じて得られた、リポーターの結論とは!?
ホームへ戻る