「シトロエンDS5」に専用デザインの限定モデル

2014.10.09 自動車ニュース
「シトロエンDS5フォーブール アディクト」
「シトロエンDS5フォーブール アディクト」

「シトロエンDS5」に専用デザインの限定モデル

プジョー・シトロエン・ジャポンは2014年10月9日、「シトロエンDS5」に特別仕様車「Faubourg Addict(フォーブール アディクト)」を設定し、10月20日より35台を限定販売すると発表した。

今回の特別仕様車は、同年6月に発売された「DS3/DS4フォーブール アディクト」に続く、シリーズ第3のモデルである。

車名の「フォーブール アディクト」とは、パリのブランド街である「フォーブール・サントノレ通り」と、「夢中にさせる」という意味の「addict」という単語を組み合わせたもので、内外装にはコンセプトカー「Numéro9」に着想を得たという素材やカラーリングが用いられている。

具体的には、エクステリアには「DSモノグラム」のルーフステッカーやレーザー加工によるグラデーションが施されたドアミラーなどを採用。一方インテリアには、「Criollo(クリオロ)」と呼ばれるダークブラウンのクラブレザーを用いている。

ボディーカラーはDS3/DS4フォーブール アディクトと同じく、深紫色の「Whisper(ウィスパー=ささやく)」のみの設定。価格は485万円。

(webCG)
 

関連記事
  • シトロエンC5ツアラー ファイナルエディション(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.2 試乗記 ハイドラクティブサスペンションを搭載する最後のモデル「C5ツアラー ファイナルエディション」に試乗。シトロエン独自の油圧サスペンションシステムがもたらす、乗り心地の妙味を報告する。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • シトロエンDS5シック(FF/6AT)【試乗記】 2012.7.22 試乗記 シトロエンDS5シック(FF/6AT)
    ……445万円

    スタイリングと実用性の類いまれなる融合例(!?)として目下話題の「シトロエンDS5」。見てよし、触れてよしの希代のクロスオーバーは、どんな走りの後味を残すのか。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • ファッションモデルとコラボした特別な「DS 3」が登場 2017.5.8 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年5月8日、「DS 3」「DS 3カブリオ」に特別仕様車「DS 3 INES DE LA FRESSANGE(イネス・ド・ラ・フレサンジュ)」を設定し、80台限定で販売を開始した。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • プジョーが「3008」のディーゼルモデルを発表 2017.4.10 自動車ニュース プジョーの最新SUV「3008」にディーゼルモデルの「GT BlueHDi」が登場。最高出力180ps/3750rpm、最大トルク400Nm/2000rpmを発生する2リッター直4直噴ディーゼルターボエンジンを搭載しており、18.7km/リッターという燃費性能を実現している。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 第33回:ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る