ホンダが「フィット」の安全装備を強化

2014.10.09 自動車ニュース
「ホンダ・フィット13G・Fパッケージ」(FF/CVT)。ボディーカラーはミラノレッド。
「ホンダ・フィット13G・Fパッケージ」(FF/CVT)。ボディーカラーはミラノレッド。

ホンダが「フィット」の安全装備を強化

本田技研工業は2014年10月9日、コンパクトカー「フィット」の安全装備や快適装備を充実させ、10月10日に発売すると発表した。

「フィット13G・Fパッケージ」(FF/CVT)の室内。インパネオプション装着車。
「フィット13G・Fパッケージ」(FF/CVT)の室内。インパネオプション装着車。
「フィット」の電動格納式リモコンカラードドアミラー(オートリトラミラー)。
「フィット」の電動格納式リモコンカラードドアミラー(オートリトラミラー)。
「フィット」の運転席&助手席シートヒーター。
「フィット」の運転席&助手席シートヒーター。

■人気の「あんしんパッケージ」を標準装備に

これまでフィットでは、安全装備がセットとなった「あんしんパッケージ」がメーカー装着のセットプションとして、約6万円で提供されてきた。それが今回、一部グレードを除いて標準装備とされた。また、快適装備が見直された。詳細は次のとおり。

<主な変更点>
●安心装備の充実
安全運転をサポートするシティブレーキアクティブシステム、サイドカーテンエアバッグシステム、前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)をセットにした「あんしんパッケージ」を標準装備とした(「13G」「13G・Fパッケージ」を除く)。

●快適装備の充実
・IRカット(遮熱)/UVカット機能付きフロントウィンドウガラス、IRカット(遮熱)/スーパーUVカットフロントドアガラス、オートリトラミラーを標準装備とした(13G除く)。
・13G・Fパッケージでフルオートエアコンディショナーを標準装備化。
・「15XL」で運転席&助手席シートヒーターを標準装備化。

車両価格は129万9800円から192万3400円まで。国内におけるシリーズ全体の月間販売計画台数は1万5000台。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 ホンダのコンパクトモデル「フィット」がマイナーチェンジ。大幅なデザイン変更が施された改良モデルのなかから、スポーティーな意匠を特徴とするハイブリッドの上級グレード「ハイブリッドS Honda SENSING」の姿を写真で紹介する。
  • 「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ 2017.6.29 自動車ニュース ホンダがコンパクトカー「フィット」をマイナーチェンジ。運転支援システム「Honda SENSING」を新採用したほか、フロントマスクを刷新するなど内外装のデザインも変更している。燃費性能も改善しており、「ハイブリッド」グレードのFF車では37.2km/リッターを実現した。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドL Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 デビューから4年を控え、大幅な改良が施された「ホンダ・フィット」。充実した装備が特徴の「ハイブリッドL Honda SENSING」と、同車にオプション設定される「プレミアムブラウン・インテリア」の詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダが「ステップワゴン」を9月にマイナーチェンジ 2017.7.3 自動車ニュース ホンダが9月にマイナーチェンジを予定しているミニバン「ステップワゴン」情報を先行公開した。パワープラントに新たにハイブリッドシステムを追加するほか、運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の機能も強化するという。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
ホームへ戻る