ホンダが「フィット」の安全装備を強化

2014.10.09 自動車ニュース
「ホンダ・フィット13G・Fパッケージ」(FF/CVT)。ボディーカラーはミラノレッド。
「ホンダ・フィット13G・Fパッケージ」(FF/CVT)。ボディーカラーはミラノレッド。

ホンダが「フィット」の安全装備を強化

本田技研工業は2014年10月9日、コンパクトカー「フィット」の安全装備や快適装備を充実させ、10月10日に発売すると発表した。

「フィット13G・Fパッケージ」(FF/CVT)の室内。インパネオプション装着車。
「フィット13G・Fパッケージ」(FF/CVT)の室内。インパネオプション装着車。
「フィット」の電動格納式リモコンカラードドアミラー(オートリトラミラー)。
「フィット」の電動格納式リモコンカラードドアミラー(オートリトラミラー)。
「フィット」の運転席&助手席シートヒーター。
「フィット」の運転席&助手席シートヒーター。

■人気の「あんしんパッケージ」を標準装備に

これまでフィットでは、安全装備がセットとなった「あんしんパッケージ」がメーカー装着のセットプションとして、約6万円で提供されてきた。それが今回、一部グレードを除いて標準装備とされた。また、快適装備が見直された。詳細は次のとおり。

<主な変更点>
●安心装備の充実
安全運転をサポートするシティブレーキアクティブシステム、サイドカーテンエアバッグシステム、前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)をセットにした「あんしんパッケージ」を標準装備とした(「13G」「13G・Fパッケージ」を除く)。

●快適装備の充実
・IRカット(遮熱)/UVカット機能付きフロントウィンドウガラス、IRカット(遮熱)/スーパーUVカットフロントドアガラス、オートリトラミラーを標準装備とした(13G除く)。
・13G・Fパッケージでフルオートエアコンディショナーを標準装備化。
・「15XL」で運転席&助手席シートヒーターを標準装備化。

車両価格は129万9800円から192万3400円まで。国内におけるシリーズ全体の月間販売計画台数は1万5000台。

(webCG)

関連キーワード:
フィットホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • ホンダ・フィットRS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 6段MTも用意される「ホンダ・フィット」のスポーティーグレード「RS Honda SENSING」。各所に施されたオレンジのアクセントなど、他のグレードとは趣を異にするそのデザインを、ホンダアクセスの用品装着車とともに紹介。
  • ホンダ・フィットRS(FF/MT)【試乗記】 2013.11.13 試乗記 登場以来、好調な売れ行きが伝えられるホンダの人気コンパクトカー「フィット」。そのスポーティーモデル「RS」の走りをじっくりと検証した。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 ホンダのコンパクトモデル「フィット」がマイナーチェンジ。大幅なデザイン変更が施された改良モデルのなかから、スポーティーな意匠を特徴とするハイブリッドの上級グレード「ハイブリッドS Honda SENSING」の姿を写真で紹介する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る