MINIクーパーSD クロスオーバー(FF/6AT)

愛着を寄せられるクルマ 2014.10.16 試乗記 「MINI」のSUVモデルである「クロスオーバー」に、クリーンディーゼルエンジン搭載車が登場。新しいパワーユニットによって付加された魅力と、いつの時代もMINIが持ち合わせている不変のキャラクターに触れた。

お財布にも優しいのが今のMINI?

もう誰も知らないと思うけれど、その昔『MINI freak』というMINIの専門誌があって、僕はその創刊の1990年から丸9年間びっしり携わった。途中からは編集長も務めさせてもらった。そういう古い話を『webCG』の誰かが覚えていて、「じゃアイツに書かせれば」ということになったらしい。けれど言うまでもなく僕がよく知っているのは、旧とか先代とかオリジナルというような前置詞が付いていなかった頃の、つまりは1959年発売当時ほぼそのままのMINIだ。だからMINIについて何か語ろうとすれば情緒優先で独善的になっても仕方ない。とはいえ大人ですし、今のMINIについて思うところもあるのでこのお仕事、引き受けました。というのが前置きです。よろしくお願いします。

てなわけで、5ドアSUVモデルのMINIクロスオーバーがマイナーチェンジと同時にクリーンディーゼルエンジンを搭載。それに乗ってこいというのが今回のお題。MINIにディーゼルエンジンは国内初。プレミアムコンパクトクラスとしても初の出来事だそうだが、MINIに軽油を注ぐなんてかつては想像もできなかったなあ。っていちいち感傷的になるな!
先にラインナップを紹介します。新しいMINIクロスオーバーは全6モデル。その中で新規の直列4気筒2リッターターボディーゼルエンジンを採用したのは、価格バンドの中核をなす「クーパーD」「クーパーD ALL4」、上級グレードの「クーパーSD」の3種。前者2モデルは112ps版、後者1モデルは143ps版がそれぞれ搭載される。ちなみにクーパーSDは今回のディーゼル化で16.6km/リッター(JC08モード)の燃料消費率を達成し、従来の同型ガソリンモデルより約19%も燃費がよくなったという。

お財布に優しい話題をもうひとつ。このクリーンなディーゼル車は、いわゆるエコカー減税により取得税などの軽減措置が適用されるようで、ディーゼル最安価のクーパーD(341万円)と、1.6リッター直4ガソリンエンジン+6段ATの「クーパー」(321万円)との差額20万円は、なんと5万円まで縮まるそうな。さらにその5万円も1万5000kmの距離を走れば、燃費や油種の違いでチャラにできる計算が成り立つという。なんだか深夜のテレビショッピングみたいな説明だが、僕の知っているMINIでは聞くことのなかった情報だ。時代、なんだなあ……。

2011年のデビューから3年を経て、すっかり「MINI」の派生モデルとして定着した「クロスオーバー」。SUVならではのルックスと、5ドアの利便性が特徴だ。
2011年のデビューから3年を経て、すっかり「MINI」の派生モデルとして定着した「クロスオーバー」。SUVならではのルックスと、5ドアの利便性が特徴だ。
インテリアのデザインは、おおむね従来モデルと共通。多彩に取りそろえられた色や加飾パネルも「MINI」の特徴で、テスト車は「カーボン・ブラック」の内装色と「ダーク・アンスラサイト」のサーフェイスを採用していた。
インテリアのデザインは、おおむね従来モデルと共通。多彩に取りそろえられた色や加飾パネルも「MINI」の特徴で、テスト車は「カーボン・ブラック」の内装色と「ダーク・アンスラサイト」のサーフェイスを採用していた。
「クロスオーバー」の「クーパーSD」には、「ペースマン」と同形状のスポーツシートが標準装備される。
「クロスオーバー」の「クーパーSD」には、「ペースマン」と同形状のスポーツシートが標準装備される。
リアシートの定員は3人。13cmの前後スライド調整機構が備わる。
リアシートの定員は3人。13cmの前後スライド調整機構が備わる。
「MINIクロスオーバー」に搭載されるディーゼルエンジンは日本のポスト新長期規制に対応。後処理はDPF(粒子状物質除去フィルター)とNOx吸蔵還元触媒で行う。
「MINIクロスオーバー」に搭載されるディーゼルエンジンは日本のポスト新長期規制に対応。後処理はDPF(粒子状物質除去フィルター)とNOx吸蔵還元触媒で行う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクロスオーバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD クロスオーバー(FF/6AT)【試乗記】 2014.12.1 試乗記 この秋、MINIの4ドアSUVモデル「クロスオーバー」に2リッター直4ディーゼルターボエンジン搭載車が加わった。MINIの走りの特徴であるゴーカートフィーリングは守られたのか、それとも……。パワー違いで2機種設定されるうち、パワフルな「クーパーSD」の方に試乗した。
  • MINIクーパーSD クロスオーバー(FF/6AT)【試乗記】 2014.10.16 試乗記 「MINI」のSUVモデルである「クロスオーバー」に、クリーンディーゼルエンジン搭載車が登場。新しいパワーユニットによって付加された魅力と、いつの時代もMINIが持ち合わせている不変のキャラクターに触れた。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】NEW 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
ホームへ戻る