「日産ノート」マイナーチェンジ、特別仕様車も

2014.10.10 自動車ニュース
「日産ノートX DIG-S Vセレクション+Safety」
「日産ノートX DIG-S Vセレクション+Safety」

「日産ノート」がマイナーチェンジ、特別仕様車も登場

日産自動車は2014年10月10日、コンパクトカー「ノート」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

新色の「インペリアルアンバー」
新色の「インペリアルアンバー」
「X DIG-S」のインストゥルメントパネルまわり。
「X DIG-S」のインストゥルメントパネルまわり。
「X DIG-S」のシート。
「X DIG-S」のシート。

今回のマイナーチェンジは内外装デザインの一部変更と装備の強化、ラインナップの見直しが主な内容となっている。

具体的には、全グレードで新デザインのステアリングホイールを採用したほか、上級グレード「メダリスト」以外のフロントグリルのデザインを変更。ボディーカラーでは従来の「オーロラモーヴ」を廃止し、新たに「インペリアルアンバー」を採用した(ともに有償色)。

装備については、VDCとサイドターンランプ付きドアミラーを全車に標準装備としたほか、LEDヘッドランプを、メダリストに標準装備、「S DIG-S」を除くその他のグレードにオプション設定とした。また、これまでメダリストのみにオプション設定していた15インチアルミホイールを全グレードで選択可能としたほか、同じくメダリストのみに設定していたオートライトシステムを、S DIG-Sを除くすべてのグレードで選択可能とした。

ラインナップに関しては、エントリーグレードの「S」を廃止するとともに、「X」「X DIG-S」「X FOUR」および、それぞれの「エアロスタイル」をベースに、「エマージェンシーブレーキ」と「LDW(車線逸脱警報)」を標準装備した特別仕様車「Vセレクション+Safety」を新たに設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。

ノート
・X:139万9680円
・X Vセレクション+Safety:139万2120円
・X FOUR:161万3520円
・X FOUR Vセレクション+Safety:159万3000円
・S DIG-S:154万8720円
・X DIG-S:164万520円
・X DIG-S Vセレクション+Safety:163万2960円
・メダリスト:182万6280円
・メダリスト エマージェンシーブレーキパッケージ:189万1080円

ノート エアロスタイル
・Xエアロスタイル:155万880円
・Xエアロスタイル V+Safety:154万3320円
・X FOURエアロスタイル:176万4720円
・X FOURエアロスタイル V+Safety:174万4200円
・X DIG-Sエアロスタイル:179万1720円
・X DIG-Sエアロスタイル V+Safety:178万4160円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 【デトロイトショー2017】ホンダ、北米向け新型「オデッセイ」を世界初公開
    2017.1.11 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年1月9日(現地時間)、北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、北米向けの新型「オデッセイ」を世界初公開した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
ホームへ戻る