「日産ノート」マイナーチェンジ、特別仕様車も

2014.10.10 自動車ニュース
「日産ノートX DIG-S Vセレクション+Safety」
「日産ノートX DIG-S Vセレクション+Safety」

「日産ノート」がマイナーチェンジ、特別仕様車も登場

日産自動車は2014年10月10日、コンパクトカー「ノート」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

新色の「インペリアルアンバー」
新色の「インペリアルアンバー」
「X DIG-S」のインストゥルメントパネルまわり。
「X DIG-S」のインストゥルメントパネルまわり。
「X DIG-S」のシート。
「X DIG-S」のシート。

今回のマイナーチェンジは内外装デザインの一部変更と装備の強化、ラインナップの見直しが主な内容となっている。

具体的には、全グレードで新デザインのステアリングホイールを採用したほか、上級グレード「メダリスト」以外のフロントグリルのデザインを変更。ボディーカラーでは従来の「オーロラモーヴ」を廃止し、新たに「インペリアルアンバー」を採用した(ともに有償色)。

装備については、VDCとサイドターンランプ付きドアミラーを全車に標準装備としたほか、LEDヘッドランプを、メダリストに標準装備、「S DIG-S」を除くその他のグレードにオプション設定とした。また、これまでメダリストのみにオプション設定していた15インチアルミホイールを全グレードで選択可能としたほか、同じくメダリストのみに設定していたオートライトシステムを、S DIG-Sを除くすべてのグレードで選択可能とした。

ラインナップに関しては、エントリーグレードの「S」を廃止するとともに、「X」「X DIG-S」「X FOUR」および、それぞれの「エアロスタイル」をベースに、「エマージェンシーブレーキ」と「LDW(車線逸脱警報)」を標準装備した特別仕様車「Vセレクション+Safety」を新たに設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。

ノート
・X:139万9680円
・X Vセレクション+Safety:139万2120円
・X FOUR:161万3520円
・X FOUR Vセレクション+Safety:159万3000円
・S DIG-S:154万8720円
・X DIG-S:164万520円
・X DIG-S Vセレクション+Safety:163万2960円
・メダリスト:182万6280円
・メダリスト エマージェンシーブレーキパッケージ:189万1080円

ノート エアロスタイル
・Xエアロスタイル:155万880円
・Xエアロスタイル V+Safety:154万3320円
・X FOURエアロスタイル:176万4720円
・X FOURエアロスタイル V+Safety:174万4200円
・X DIG-Sエアロスタイル:179万1720円
・X DIG-Sエアロスタイル V+Safety:178万4160円

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト(後編)【試乗記】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
ホームへ戻る