NISMOチューンのスポーティーな「ノート」登場

2014.10.10 自動車ニュース
「日産ノートNISMO S」
「日産ノートNISMO S」

NISMOチューンのスポーティーな「日産ノート」登場

日産自動車は2014年10月10日、コンパクトカー「ノート」をベースに、同社のモータースポーツ部門を担うNISMOが手を加えた「ノートNISMO」の販売を開始した。

「ノートNISMO」
「ノートNISMO」
「NISMO S」にオプション設定されるレカロ製スポーツシート。
「NISMO S」にオプション設定されるレカロ製スポーツシート。

■NISMOが手掛けるスポーツモデルの第5弾

今回のノートNISMOは、「ジュークNISMO」「マーチNISMO」、「フェアレディZ NISMO」「GT-R NISMO」に続く、NISMOシリーズの第5弾となるモデルである。

ラインナップは「NISMO」と「NISMO S」の2種類で、ともにパワートレイン、車体、タイヤ、サスペンション、空力などをトータルにチューニング。さらにNISMO Sには最高出力140ps(103kW)/6400rpm、最大トルク16.6kgm(163Nm)/4800rpmを発生する専用チューンの「HR16DE」型エンジンと5段MTを採用している(NISMOは「HR12DDR」型1.2リッター直3直噴スーパーチャージャーとCVTの組み合わせ)。

内外装のデザインによる差別化も図っており、専用のエンブレムやフロントグリル、フロントパンパー、サイドシルプロテクター、リアバンパー、ルーフスポイラー、赤い電動格納式リモコンカラードドアミラーを装備。専用のスポーツシートをNISMOにオプション設定、NISMO Sに標準装備するほか、NISMO Sには日産とレカロが共同開発したレカロ製スポーツシートをオプションで設定している。

 

これらを含む、ノートNISMOの装備は以下の通り。

●NISMO、NISMO S共通
・NISMO専用フロントグリル、フロントバンパー、サイドシルプロテクター、リアバンパー、ルーフスポイラー
・NISMO専用LEDハイパーデイライト(車幅灯連動)
・NISMO専用エンブレム(センタークラスター)
・NISMO専用車速感応式電動パワーステアリング
・NISMO専用レッドフィニッシャー(エアコン吹き出し口、プッシュエンジンスターター)
・NISMO専用ダークシルバーフィニッシャー(センタークラスターサイド、パワーウィンドウスイッチベース、オートエアコンセンター)
・サイドターンランプ付き電動格納式リモコンカラードドアミラー(NISMO専用レッド)
・リアフォグランプ
・シャークフィンアンテナ

●NISMO専用装備
・NISMO専用本革・アルカンターラ巻き3本スポークステアリング(レッドセンターマーク、レッドステッチ付き)
・NISMO専用エンブレム(フロント・リア)
・NISMO専用サスペンション
・NISMO専用チューニングコンピューター(ECM)
・NISMO専用シート地(トリコット)&専用ドアトリムクロス
・NISMO専用シフトノブ&シフトベース
・NISMO専用エキゾースト(φ85)
・NISMO専用ボディー補強(フロントトンネルステー/リアトンネルステー)
・ブリヂストン・ポテンザRE080(195/55R 16 87V)タイヤ&16インチアルミホイール

●NISMO S専用装備
・NISMO S専用本革・アルカンターラ巻き3本スポークステアリング(レッドセンターマーク、レッドステッチ付き)
・NISMO S専用エンブレム(フロント・リア)
・NISMO S専用サスペンション
・NISMO S専用チューニングコンピューター(ECM)
・NISMO S専用エキゾーストシステム(φ100)
・NISMO専用ブレーキシステム(リアディスクブレーキ)
・NISMO専用スエード調スポーツシート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付き)&ドアトリムクロス
・NISMO専用コンビメーター(nismoロゴ入り、260km/hスケール)
・NISMO専用シフトノブ&シフトベース(レッドフィニッシャー付き)&シフトブーツ(レッドステッチ付き)
・NISMO専用アルミ製アクセル・ブレーキ・クラッチペダル、フットレスト(nismoロゴ入り)
・NISMO専用ブリヂストン・ポテンザS007(205/45R17 84W)タイヤ&17インチアルミホイール
・NISMO専用ボディー補強(フロントトンネルステー/リアトンネルステー、フロントサスペンションメンバーステー、リアクロスバー、リアアンダーフロアVバー、リアサスペンションメンバーステー)
・NISMO専用エアインテークシステム
・HR16DEエンジン(NISMO S専用チューン)
・5段マニュアルトランスミッション

ボディーカラーは「ダークメタルグレーメタリック」「スーパーブラック」「ブリリアントシルバーメタリック」に特別塗装色の「ブリリアントホワイトパール」を加えた全4色。価格はノートNISMOが195万2640円、ノートNISMO Sが224万4240円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 【デトロイトショー2017】ホンダ、北米向け新型「オデッセイ」を世界初公開
    2017.1.11 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年1月9日(現地時間)、北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、北米向けの新型「オデッセイ」を世界初公開した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
ホームへ戻る