第369回:パリサロン2014(前編)
パリであっぱれ! トヨタの「車内カラオケ」作戦

2014.10.17 エッセイ

キーワードは「ヘリテージ」

今年のパリモーターショーで目立ったものといえば、欧州メーカーによる「ヘリテージ」の強調である。

フィアットは、トリノから先々代「500」の試作用木型を持ってきた。会場で発表した「500X」の源流をイメージさせるためである。
セアトは「イビーザ」の誕生30周年を記念して1984年の初代モデルを展示した。デザインはジウジアーロ、ボディー設計および生産化プロジェクトはカルマンという、当時鳴りもの入りで登場したモデルだ。
シトロエンもしかりである。同社初のイギリス人CEO、かつ女性CEOとして2014年5月に就任したリンダ・ジャクソン氏は、プロジェクターで「2CV」や初代「DS」といった歴代モデルを投影しながら、プレゼンテーションを進めた。

2014年10月1日にパリ・ポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場で開催されたフォルクスワーゲンの前夜祭「フォルクスワーゲングループナイト」で。慈善団体Cinema for Peaceの創設委員長である女優カトリーヌ・ドヌーヴは、フォルクスワーゲングループから20万ユーロの寄付を受け取った。
2014年10月1日にパリ・ポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場で開催されたフォルクスワーゲンの前夜祭「フォルクスワーゲングループナイト」で。慈善団体Cinema for Peaceの創設委員長である女優カトリーヌ・ドヌーヴは、フォルクスワーゲングループから20万ユーロの寄付を受け取った。
フィアットは、新型SUV「500X」の伝統を匂わせるべく、先々代「500」の木型を展示。
フィアットは、新型SUV「500X」の伝統を匂わせるべく、先々代「500」の木型を展示。
セアトが一角に据えていたのは、1984年「セアト・イビーザ」。過度にエモーショナルなデザインの小型車があふれるなか、そのフォルムは一服の清涼感を見る者に与える。
セアトが一角に据えていたのは、1984年「セアト・イビーザ」。過度にエモーショナルなデザインの小型車があふれるなか、そのフォルムは一服の清涼感を見る者に与える。
プレゼンテーションをするシトロエンのリンダ・ジャクソンCEOの頭上には、往年の名作が次々と。
プレゼンテーションをするシトロエンのリンダ・ジャクソンCEOの頭上には、往年の名作が次々と。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。