第16戦ロシアGP決勝結果【F1 2014 速報】

2014.10.12 自動車ニュース

【F1 2014 速報】第16戦ロシアGP、ハミルトン4連勝、メルセデスが初のコンストラクターズタイトル獲得

F1世界選手権第16戦ロシアGP決勝が、2014年10月12日、ロシアに新設されたソチ・オートドローム(5.848km)を53周して行われた。

初開催の地、ロシアでの初代ウィナーは、メルセデス駆るルイス・ハミルトン。今季7回目のポールポジションから危なげないレース運びで4連勝、今シーズン9勝目を飾った。
2位はメルセデスのニコ・ロズベルグ。予選2位からオープニングラップで早々にタイヤにフラットスポットを作りピットストップ、レース中盤にようやく元の順位までカムバックしたチャンピオンシップ2位のロズベルグは、これで今年9回目の2位となり、ポイントリーダーのハミルトンに17点差をつけられた。

これによりメルセデスは今年9回目の1-2フィニッシュを達成し、3戦を残して2014年の、そしてスリー・ポインテッド・スター初のコンストラクターズタイトルを獲得した。

3位に入ったのはウィリアムズ・メルセデスのバルテリ・ボッタス。予選3番手、レース前半は2位を走行したが、メルセデスの速さにはかなわなかった。GP2シーズン目のフィンランド人ドライバーにとって今年5回目の表彰台となった。

復調マクラーレン・メルセデスのジェンソン・バトンが、予選と同じ順位となる4位でゴール。チームメイトのケビン・マグヌッセンはギアボックス交換により5グリッド降格、11番手からスタートし5位まで挽回した。これで“強心臓”メルセデス・ユニット勢がトップ5までを独占したことになる。

フェラーリのフェルナンド・アロンソが7番グリッドから6位、レッドブル・ルノーのダニエル・リカルドは6番グリッドから7位。レッドブルが執拗(しつよう)にフェラーリの背後から隙をうかがったが、ダブル・チャンピオンのアロンソがそのポジションを守り切った。
レッドブルのもう一台、セバスチャン・ベッテルは10番グリッドからスタートし僚友リカルドより前を走っていたが、最初のスティントを長くとったことで遅れてしまい8位。フェラーリのキミ・ライコネンは8番グリッドから9位でチェッカードフラッグを受けた。そして10位に入ったのはフォースインディア・メルセデスのセルジオ・ペレス。燃費がきつかったが、何とか入賞圏最後のポジションでレースを終えた。

以下、11位フェリッペ・マッサ(ウィリアムズ)、12位ニコ・ヒュルケンベルグ(フォースインディア)、13位ジャン=エリック・ベルニュ(トロロッソ・ルノー)、14位ダニール・クビアト(トロロッソ)、15位エステバン・グティエレス(ザウバー・フェラーリ)、16位エイドリアン・スーティル(ザウバー)、17位ロメ・グロジャン(ロータス・ルノー)、18位パストール・マルドナド(ロータス)、19位マーカス・エリクソン(ケータハム・ルノー)が完走した。

ドライバーズチャンピオンシップは、1位ハミルトンが291点、2位ロズベルグ274点で、レース前10点あった差は17点に拡大した。3位リカルドは199点、その下は4位ボッタス145点、5位ベッテル143点、6位アロンソ141点と接戦状態だ。

コンストラクターとして初戴冠となったメルセデスは、16戦を終え565点を獲得。2位レッドブルは342点、3位ウィリアムズ216点、4位フェラーリが188点で続く。今回ダブル入賞を果たしたマクラーレンは143点となり、ライバルのフォースインディアに20点差をつけて5位に上がった。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。