日本カー・オブ・ザ・イヤー2014-2015は……

2014.10.13 自動車ニュース
「マツダ・デミオ」
「マツダ・デミオ」

「マツダ・デミオ」が「日本カー・オブ・ザ・イヤー2014-2015」を受賞

“その年の最も優秀なクルマ”を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2014-2015」の最終選考会が2014年10月13日に東京都内で開かれ、「マツダ・デミオ」が今年のイヤーカーに選ばれた。

「メルセデス・ベンツCクラス セダン」
「メルセデス・ベンツCクラス セダン」
「BMW i3」
「BMW i3」
「ホンダN-WGNカスタム」(写真左)と「N-WGN」
「ホンダN-WGNカスタム」(写真左)と「N-WGN」
トヨタが開発を進める燃料電池車。写真は、2014年6月の概要説明会で披露されたプロトタイプモデル。
トヨタが開発を進める燃料電池車。写真は、2014年6月の概要説明会で披露されたプロトタイプモデル。

昨年は初めて輸入車が選ばれた、日本カー・オブ・ザ・イヤー。今年はマツダ・デミオがその栄冠を手にし、国産車の返り咲きとなった。

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー2014-2015は、デミオに次ぐ点数を得た「メルセデス・ベンツCクラス セダン」。
その他各賞は、イノベーション部門賞が「BMW i3」に、スモールモビリティ部門賞が「ホンダN-WGN/N-WGNカスタム」に、特別賞が「トヨタの燃料電池自動車への取り組み」に贈られた。エモーショナル部門賞は「今年は該当車なし」とされた。

なお、第1次選考対象車「10ベストカー」と、最終選考での順位および得票点数は以下の通り。

1位:マツダ・デミオ(423点)
2位:メルセデス・ベンツCクラス セダン(404点)
3位:BMW i3(340点)
4位:スバル・レヴォーグ(124点)
5位:スズキ・ハスラー(65点)
6位:日産スカイライン(41点)
6位:プジョー308(41点)
8位:ジープ・チェロキー(15点)
9位:ホンダN-WGN/N-WGNカスタム(13点)
10位:トヨタ・ヴォクシー/ノア(9点)

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る