フォード・マスタング エコブースト(FR/6AT)/マスタングGT(FR/6AT)

アメリカンスポーツの再定義 2014.10.15 試乗記 フォードの看板スポーティーカーのモデルチェンジともなれば、それだけでちまたは大騒ぎだが、今度の新型はちょっと違う。「マスタング」の心臓として、いよいよ直4ユニットが載るのだ。“再定義されたアメリカンマッスル”をロサンゼルス郊外で試した。

ドメスティックからグローバルへ

アメリカンスポーティーカーのアイコン的存在の「マスタング」。誕生50周年を迎え、数が減ったとはいえ依然として年間8万台近くを売り上げる。しかしこの数字、実はアメリカに限ったものだ。というのも、日本などごく一部の地域を除きマスタングは輸出されていなかったからだ。しかもこの輸出市場は、規模からしたらまあ微々たるものである。

ところが2013年の暮れに公表された6代目となる新型は、従来の殻を破り、何とグローバルカーとして世界市場に打って出ることになった。アメリカ国内では今年10月1日に正式に発表され、いよいよデリバリーが始まるこの新型が販売される国は、世界で120カ国以上にのぼる。この中には25の右ハンドルマーケットが存在し、今回は開発段階から右ハンドル仕様の設定があるのだ。

とはいえ、右ハンドル仕様のテストが始まったのは今年8月のことだから、まだ右ハンドル仕様が市場に出るには時間がかかる。そこで今回は、左ハンドル仕様、言い換えるならアメリカ仕様車に一足先に試乗することにした。

ロサンゼルス・ダウンタウンの北西に位置するサンセットブールバードを起点に、北西に進み、最終的にはサンタスサナのハミングバードネストランチを目指した。そして帰路は海岸沿いのマリブに下りてロサンゼルスに戻る、およそ150マイル(約241km)ほどの試乗コースである。

試乗車は、僕の場合、午前が新たに投入された2.3リッター4気筒のエコブーストユニットを搭載するAT車。そして午後は5リッターV8のAT車である。コースは街中あり、フリーウェイあり、そして少し小石の浮いたワインディングロードありで、ほぼあらゆる条件下で試すことができた。

誕生から50周年を迎えた「マスタング」。新型は通算で6代目に当たる。


    誕生から50周年を迎えた「マスタング」。新型は通算で6代目に当たる。
ドメスティックからグローバルへ。新型は120カ国以上の市場で販売される予定。
ドメスティックからグローバルへ。新型は120カ国以上の市場で販売される予定。
従来型と比較して、ボディーサイズは全長が25mm、全高が35mm小さくなった。全幅だけが40mm広がっている。
従来型と比較して、ボディーサイズは全長が25mm、全高が35mm小さくなった。全幅だけが40mm広がっている。
試乗の舞台は米国ロサンゼルス。サンセット大通りを起点に、LAの西側をぐるりと一周するコースだった。写真はサンタスサナのハミングバードネストランチ。
試乗の舞台は米国ロサンゼルス。サンセット大通りを起点に、LAの西側をぐるりと一周するコースだった。写真はサンタスサナのハミングバードネストランチ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォード・マスタング エコブースト(FR/6AT)/マスタングGT(FR/6AT)【海外試乗記】 2014.10.15 試乗記 フォードの看板スポーティーカーのモデルチェンジともなれば、それだけでちまたは大騒ぎだが、今度の新型はちょっと違う。「マスタング」の心臓として、いよいよ直4ユニットが載るのだ。“再定義されたアメリカンマッスル”をロサンゼルス郊外で試した。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
ホームへ戻る