クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン(FF/7AT)

ダウンサイジング2.0 2014.10.20 試乗記 新エンジンの搭載や安全・快適装備の充実など、内容の濃いマイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ポロ」。その実力を確かめるため、箱根のワインディングロードを目指した。

ディテール変更で高級感を増す

名声を確立し、高い評価を受け続けていても、時代の流れに無関係でいることはできない。フォルクスワーゲン・ポロだって、事情は同じだ。コンパクトカーとして確固たる地位を築き上げたが、自動車とそれを取り巻く環境は急速に変化している。2009年のフルモデルチェンジから5年、ポロは着実な変化でアップデートを果たした。

見た目が大きく変わったわけではないが、受ける印象は意外なほど違う。フロントグリルのメッキラインを下げて直線基調にし、リアも下端部の水平ラインが強調された。それだけでシャープさが増して高級感まで加わるのだから、デザインというのは細部の微妙な仕上げが大切であることがよくわかる。

室内ではステアリングホイールの意匠が変更され、ドアにもクロムラインが入れられてやはり高級感の演出に貢献している。ポロには頼れる兄貴分の「ゴルフ」があり、今回もお手本として追随した点がいくつかある。間違いのないデザインアイテムをお下がりとして受け取ることができるわけで、ポロはありがたい立場なのだ。

機構面ではエンジンが変更されているから、マイナーチェンジとはいえ大がかりな改良である。1.2リッターターボという形式は変わらないが、これもゴルフ同様DOHC化され、後方排気となった。圧縮比は10.0から10.5に上げられているが、最高出力は逆に105psから90psにダウンしている。もちろんスペックが下がったことを声高にアピールしてはいないが、これが英断だった。

新形状のバンパーにより、水平基調のデザインが強調されたリアまわり。リアコンビランプのグラフィックも改められた。
新形状のバンパーにより、水平基調のデザインが強調されたリアまわり。リアコンビランプのグラフィックも改められた。
    拡大
一段と上質感が追求されたインテリア。ドアトリムはクロムメッキで飾られ、センターコンソールの意匠も変更された。
一段と上質感が追求されたインテリア。ドアトリムはクロムメッキで飾られ、センターコンソールの意匠も変更された。
    拡大
DOHC化された新開発の1.2リッターエンジンは、従来モデルより最高出力/最大トルクが15ps/1.5kgmダウン。一方、JC08モード燃費は22.2km/リッターへと、1.0km/リッター向上している。
DOHC化された新開発の1.2リッターエンジンは、従来モデルより最高出力/最大トルクが15ps/1.5kgmダウン。一方、JC08モード燃費は22.2km/リッターへと、1.0km/リッター向上している。
    拡大
写真のボディーカラーは新色の「コーンフラワーブルー」。ほか7色を加えた計8色がラインナップされる。
写真のボディーカラーは新色の「コーンフラワーブルー」。ほか7色を加えた計8色がラインナップされる。
    拡大

出力ダウンのデメリットはゼロ

もともと、ポロは見た目からしても実直で端正なクルマというキャラクターである。走りだって同じで、とんでもなく速かったり目の覚めるような敏捷(びんしょう)性を持っていたりするわけではない。あくまで普通に走って気持ちいいということを目指して作っているのだ。それでも出力が10%以上も下がれば多少の我慢を強いられそうだが、それは杞憂(きゆう)に終わった。7段DSGは相変わらずスムーズで適切なシフトを実現していて、そのおかげでパワーが少し減ったくらいのことは十分カバーされている。走りに関して、デメリットは一切感じられなかった。

ダウンサイジングというのはボディーの大きさや排気量についての言葉だったが、出力というスペックにも適用できることを新しいポロは示している。これまではスペックでは見劣りしないというコンセプトだったから、新たな段階に入ったと考えていい。バージョンアップと考えれば、ダウンサイジング2.0と呼ぶべきかもしれない。

パワーを絞った恩恵もあるのか、燃費はしっかり向上している。前モデルの21.2km/リッターから22.2km/リッターになったので、約5%の改善だ。スペック表の数字が大きいことより、実際の低燃費のほうがユーザーにとってはよほどありがたい。350kmほど走って満タン法で計算すると、今回の試乗での燃費は13.4km/リッターだった。思ったほどの数字にならなかったのは山道が多かったせいでもあり、通常の使用ではあと2、3kmは伸びるはずだ。

ゴルフから受け継いだ恩恵は、安全性にも及んでいる。ミリ波レーダーを装備し、プリクラッシュブレーキシステムの「フロントアシストプラス」が全車標準となった。5km/h以上の速度で作動し、衝突の危険を察知すると自動的にブレーキをかけて減速する。コンパクトクラスで採用されるのは初めてということだ。

もちろんこのシステムをテストすることはできないのだが、レーダーを使ったシステムのアダプティブクルーズコントロール(ACC)は試してみた。一定の速度以下で前車に追随する機能で最近急速に普及してきたものだが、ポロのようなコンパクトカーにも搭載されるようになったのだ。ただ、フロントアシストプラスとは違って、こちらはベーシックな「コンフォートライン」ではオプション扱いとなる。

「走りと低燃費の両立」がうたわれる、最新型の「ポロ」。Start/Stopシステムやブレーキエネルギー回生システムが備わる。
「走りと低燃費の両立」がうたわれる、最新型の「ポロ」。Start/Stopシステムやブレーキエネルギー回生システムが備わる。
ステアリングホイールとメーターは「ゴルフ」のものに似た形状とされた。
ステアリングホイールとメーターは「ゴルフ」のものに似た形状とされた。
    拡大
シートのデザインも変更された。表皮は、ファブリック(写真)のほか、アルカンターラと人工皮革「レザレット」のコンビ(オプション)が選べる。
シートのデザインも変更された。表皮は、ファブリック(写真)のほか、アルカンターラと人工皮革「レザレット」のコンビ(オプション)が選べる。
    拡大

左がエンジン回転計で、右が速度計。速度計の目盛りは240km/hまで刻まれる。アダプティブクルーズコントロールほか運転支援システムの情報は、中央のモニターに表示される。


    左がエンジン回転計で、右が速度計。速度計の目盛りは240km/hまで刻まれる。アダプティブクルーズコントロールほか運転支援システムの情報は、中央のモニターに表示される。
    拡大
ラゲッジルームの容量は5人乗車時で280リッター。最大952リッターまで拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
ラゲッジルームの容量は5人乗車時で280リッター。最大952リッターまで拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
    拡大

アグレッシブなACC

ACCはステアリングホイールに備えられたスイッチで設定する。メーターパネル内の小さな画面で状況を確認できるようになっていて、車間距離を決める際には先行車のアイコンが表示される。その形状が、ポロよりもゴルフに似ていた。同じシステムを流用しているので、アイコンもそのままになっているのだろうか。

ACCの動作は、比較的アグレッシブめに設定されているようだ。前が空くと、間髪を入れずに素早く加速を開始する。減速するときのブレーキも強めだ。どうしても必要な装備とはいえないが、長距離運転には役に立つ。無駄な加減速を行わないので、自分でアクセルを操作するよりも好燃費が期待できるのも有利な点だ。

快適装備としては、リアビューカメラが利用できるようになったことはありがたい。ミニバンやSUVでは当たり前の装備となったが、あれに慣れてしまうとコンパクトカーでもモニターで後ろを確認したくなる。カメラやレーダーを複数装備して安全性や快適性を向上させることは、サイズにかかわらずこれからのクルマでは常識となっていくのだろう。

ポロに乗った日は、4000万円近くする超高級車にも試乗した。価格は20倍ほど違うのでまったくの別物なのだが、ポロに乗り換えても意気消沈したりはしない。価格は安くても、そのクラスで確固たる世界観をもって作っているのであれば、安っぽくはならないのだ。

久しぶりにポロに乗ると、体になじむ手頃なサイズ感がこのクルマの良さの根源にあると感じる。山道を軽く飛ばすのには最適だし、街なかではストレスを感じなくてすむ。コンパクトなボディーでも高級感はそれなりにあって、今回のマイナーチェンジで安全性や快適性でもトップクラスの装備を手に入れた。引き続き5ナンバーサイズを維持していて、兄弟車の「アウディA1」が3ナンバーであることを思えばメリットは大きい。

手放しでオススメすると言いたいところだが、そうもいかない。この試乗の後、「ブルーGT」が発売されたのだ。マイナーチェンジ前に乗った時は、走りとエコ性能の絶妙なバランスに感心した。コンフォートラインと同様のリファインを受けたのだから、きっとさらに魅力を高めていることだろう。乗り比べれば悩みそうだが、どっちを選ぶにしてもやはりポロはオススメ、ということではあるのだけれど。

(文=鈴木真人/写真=高橋信宏)

今回のマイナーチェンジにおける最大のポイントは、安全性能の向上。衝突を回避または被害を軽減する自動緊急ブレーキや疲労検知システムなど、多くの安全装備が追加されている。
今回のマイナーチェンジにおける最大のポイントは、安全性能の向上。衝突を回避または被害を軽減する自動緊急ブレーキや疲労検知システムなど、多くの安全装備が追加されている。
    拡大
ステアリングホイールに設けられた「アダプティブクルーズコントロール」(オプション)の操作スイッチ。上級グレード「アップグレードパッケージ」では標準装備となる。
ステアリングホイールに設けられた「アダプティブクルーズコントロール」(オプション)の操作スイッチ。上級グレード「アップグレードパッケージ」では標準装備となる。
    拡大
テスト車は、「ポロ」としては初採用となる「リアビューカメラ」(純正ナビとセットオプション)を搭載していた。
テスト車は、「ポロ」としては初採用となる「リアビューカメラ」(純正ナビとセットオプション)を搭載していた。
    拡大
後席の定員は3人。左右席にはチャイルドシートの固定装置が備わる。
後席の定員は3人。左右席にはチャイルドシートの固定装置が備わる。
    拡大
高速走行時に急ブレーキをかけた場合に、ブレーキランプを自動的に点滅させて後続車に注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」も装備する。
高速走行時に急ブレーキをかけた場合に、ブレーキランプを自動的に点滅させて後続車に注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」も装備する。
    拡大

テスト車のデータ

フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3995x1685x1470mm
ホイールベース:2470mm
車重:1130kg
駆動方式:FF
エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:90ps(66kW)/4400-5400rpm
最大トルク:16.3kgm(160Nm)/1400-3500rpm
タイヤ:(前)185/60R15 84H/(後)185/60R15 84H(コンチネンタル・コンチプレミアムコンタクト2)
燃費:22.2km/リッター(JC08モード)
価格:223万9000円/テスト車=253万3300円
オプション装備:Navi 714SDCW(含むリアビューカメラ)+ACCパッケージ(29万4300円)

テスト車の年式:2014年型
テスト開始時の走行距離:1690 km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(6)/山岳路(3)
テスト距離:350.4km
使用燃料:26.2リッター
参考燃費: 13.4km/リッター(満タン法)/13.7km/リッター(車載燃費計計測値)

フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン
フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン
    拡大
「八」の字を描くフロントバンパー部のメッキ装飾は、マイナーチェンジモデルの特徴。ヘッドランプのデザインも変更されている。
「八」の字を描くフロントバンパー部のメッキ装飾は、マイナーチェンジモデルの特徴。ヘッドランプのデザインも変更されている。
    拡大
タイヤサイズは185/60R15。ホイールはホイールキャップ付きのスチール製となる。
タイヤサイズは185/60R15。ホイールはホイールキャップ付きのスチール製となる。
    拡大

フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大