スバルWRX S4 2.0GT EyeSight(4WD/CVT)

「速さ」という呪縛 2014.10.21 試乗記 「インプレッサ」の名を外し、新たなスポーツセダンとしてスタートを切った「スバルWRX」。直噴ターボエンジンとCVTを搭載した「S4」を借り出し、その実力を探った。

インプレッサじゃありません

「『インプレッサ』って書かないでくださいね。これ、インプレッサじゃありませんからね」
朝っぱらからどっこらしょと乗り込んだと同時に、編集部のHくんからぶっすりとくぎを刺された。取材の日程や段取りを決める幾度かのメールのやりとりで、僕がしきりにこのクルマのことをインプレッサと連呼していたのが気になっていたのだろう。そう。恥ずかしながらも白状すると、このクルマがスバル的にはインプレッサと非なるものであることを知ったのはこの時だった。じゃあWRXってなんなのさと思ったら、それ自体が車名であるという。すなわち「スバルWRX」という銘柄のモデルであり、その下に「STI」と「S4」の2種類が設定されていると。

「このS4は直噴2リッターのターボにCVTの組み合わせで、STIの方は昔からの『EJ20』に6段MTの組み合わせなんです」
マンガの決闘シーンになると必ず現れる解説くんのように、テキパキとクルマの成り立ちを説明してくれるHくん。てぇことはこのS4ってえのは、「レヴォーグ」のセダンみたいなもん? と問うてみると「まぁそうっちゃあそうなんですが、スバル的にはそうは言われたくないみたいですね」と煮え切らない答えが返ってきた。要するに、現状スバルのセダンは「インプレッサG4」とこのWRX、そして「レガシィB4」が用意されていると。そしてステーションワゴンは「レヴォーグ」と「レガシィツーリングワゴン」が用意されていると。察するに、次期型以降のレガシィはいよいよ米国主導のフルサイズDセグメントとして昇格させて、日本ではレヴォーグとWRXをレガシィ相当としてこれから売っていこうというのだろうか。となるとレガシィの名前は国内ではどういう扱いになるのだろうか。それ以前に、スバルの生産規模でここまでモデルを細分化する意味はなんなのよ? 

釈然としない僕に傍らのHくんはスマホを駆使しつつ追い打ちをかける。
「ちなみにこれ、インプレッサG4と全長15mmしか変わんないですね。ホイールベースは5mm、全幅は55mm広がってますが」
……それって結局インプレッサみたいなもんじゃん。

「インプレッサ」の派生モデルとしてではなく、独立したスポーツセダンとして登場した新型「スバルWRX」。「S4」と「STI」の2モデルが設定されている。
「インプレッサ」の派生モデルとしてではなく、独立したスポーツセダンとして登場した新型「スバルWRX」。「S4」と「STI」の2モデルが設定されている。
「WRX S4」のインテリア。本革巻きのステアリングホイールやシフトノブ、シフトブーツ、アルミ製のフットペダルなどを標準装備している。
「WRX S4」のインテリア。本革巻きのステアリングホイールやシフトノブ、シフトブーツ、アルミ製のフットペダルなどを標準装備している。
「2.0GT EyeSight」のシート表皮はファブリックとトリコットの組み合わせ。オプションで本革シートも用意される。
「2.0GT EyeSight」のシート表皮はファブリックとトリコットの組み合わせ。オプションで本革シートも用意される。
リアシートには6:4分割の可倒機構が標準で備えられている。
リアシートには6:4分割の可倒機構が標準で備えられている。
グレードは「2.0GT EyeSight」と、ビルシュタイン製ダンパーやトランクリッドスポイラーなどを標準装備する「2.0GT-S EyeSight」の2種類。
グレードは「2.0GT EyeSight」と、ビルシュタイン製ダンパーやトランクリッドスポイラーなどを標準装備する「2.0GT-S EyeSight」の2種類。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

WRX S4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る