スバルWRX STI Type S(4WD/6MT)

そろそろ大人に 2014.10.30 試乗記 スバル自慢のスポーツモデル「WRX STI」。街中や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションでの試乗を通して感じたこととは?

サーキットではないのだから

最初の数kmを走っただけで筆者は、そのハンドリングに「うぐっ……」となってしまった。ステアリングを切り始めた“一舵(いちだ)”目。その安易にクイック過ぎるフロントサスペンションの反応に、ちょっと戸惑ってしまったのである。

ステアリングのギア比は13:1。特に違和感のなかった先代の限定モデル「WRX STI tS TYPE RA NBR CHALLENGE PACKAGE」(舌をかみそうだ!)に比べ、この新世代「WRX STI Type S」が、さらにクイックなレシオを持っているわけではない。
ジオメトリー的な問題もあるのだろうが、端的に言えばこれは、Type Sに装着されるダンパーとスプリングの特性に、まずひとつ目の原因があると思う。簡単に言うと伸び/縮みのバランスが悪い。縮み側の減衰力が足りないのか、ステアリングを切った途端に“へコッ”とノーズが入るのだ。

もっともスバルがこうしたい理由はわかる気がする。308psもの出力に対してドライバーが安心できるだけのスタビリティーを与えなくてはならない一方で、時代は乗り心地の硬さを許さないからだ。だから縮み側の減衰力を弱めることで、突き上げを減らしたのだろう。その分スタビリティーは、伸び側の減衰力で確保しているようである。

またこれは、“真っ平らな”サーキットではよく用いられるセッティングでもある。バンプ(縮み)側でダンパーが突っ張らないようにすれば、ブレーキングでフロントタイヤに荷重を穏やかに掛けることができる。ターンインしてからはイン側のサスペンションをゆっくり伸ばすことで、内輪の接地性を確保できる。

しかしこうしたセッティングは、ストリートでは合わないと思う。
うねりが多い路面をこの仕様で走ると、「へコッと入り、引き戻されて、へコッと入り……」を繰り返し、車体が安定しない。また、スプリングレートがそれなりに高いこともあって、ドライバーの目線も定まらず、不快感が増す。

「WRX STI」のラインナップはベースグレードと「Type S」の2種類。今回はビルシュタイン製ダンパーや大型リアスポイラーなどを標準装備する「Type S」をテストした。
「WRX STI」のラインナップはベースグレードと「Type S」の2種類。今回はビルシュタイン製ダンパーや大型リアスポイラーなどを標準装備する「Type S」をテストした。
「WRX STI Type S」の運転席まわり。ステアリングホイールは小径のDシェイプタイプで、油圧式のアシストシステムを採用する。
「WRX STI Type S」の運転席まわり。ステアリングホイールは小径のDシェイプタイプで、油圧式のアシストシステムを採用する。
テスト車に装備されていたオプションの本革シート。標準仕様はアルカンターラと本革のコンビシートとなっている。
テスト車に装備されていたオプションの本革シート。標準仕様はアルカンターラと本革のコンビシートとなっている。
インテリアにおける「WRX STI」の特徴である赤いアクセントは、リアシートにも。
インテリアにおける「WRX STI」の特徴である赤いアクセントは、リアシートにも。

スバルWRX STI Type S(4WD/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

WRX STIの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX STI Type S(4WD/6MT)【試乗記】 2014.10.30 試乗記 スバル自慢のスポーツモデル「WRX STI」。街中や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションでの試乗を通して感じたこととは?
  • スバルWRX STI S207 2015.10.28 画像・写真 スバルテクニカインターナショナルが、「究極のロードゴーイングSTI」を合言葉に「スバルWRX STI」のコンプリートカー「S207」を開発した。エンジンからボディー、サスペンションにいたるまで、くまなくチューニングが施された高性能モデルの姿を、写真で紹介する。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
ホームへ戻る