第85回:孤独な公妃の心の支えとなったクルマとは?
『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』

2014.10.17 エッセイ

女優から公妃への華麗なる転身

「メルセデス・ベンツ190SL」が坂道を上っていく。運転席の美しい女性は、グレース・ケリーだ。カメラが引いていくと、クルマのまわりには照明器具や撮影機材があり、スタッフたちに取り巻かれていることがわかる。これは、彼女の最後の作品の撮影シーンだったのだ。虚構の世界で他人の人生を演じる日々は終わり、女優を引退した彼女はリアルな生活へと戻っていくはずだった。しかし、モナコ公妃という立場は、映画以上に演技を必要とする過酷なステージだった。

この映画は、グレース・ケリーがモナコ公妃として華やかな生活を送っていた数年間を描いている。『ダイヤルMを廻せ!』や『喝采』などで人気絶頂だったグレースは、モナコのレーニエ公に見初められて1956年に結婚する。日本にも他国の大統領に嫁いだなんとか夫人という人がいるが、ちょっとスケールが違う。ハリウッド女優から公妃への華麗なる転身は、世界中の話題となった。そして、映画では彼女が政治をも動かした顛末(てんまつ)にフォーカスを当てている。

絶世の美女を演じるのは、やはりクールな美しさで知られるニコール・キッドマンである。最近では『ペーパーボーイ 真夏の引力』の汚れ役などで演技の幅を広げていたが、今回は真っ向から美しさで勝負している。カルティエやディオール、エルメスなどの協力で当時を再現した衣装が作られ、60年代のファッションを忠実によみがえらせた。凝り性のオリヴィエ・ダアン監督は美を追究することにのめり込み、ニコールの鼻の穴の形が左右で異なることがわかるほどの極端なクローズアップを多用している。

(C)2014 STONE ANGELS SAS


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。