マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)/XD(FF/6AT)/13S Lパッケージ(FF/6AT)/13S Lパッケージ(FF/5MT)

欲を言わせていただくならば…… 2014.10.22 試乗記 舞台は箱根のワインディングロード、新型「デミオ」のフットワークに“死角”はないのだろうか? 1.5ディーゼルと1.3ガソリンの両方を都合4モデル試乗し、じっくりと考えた。

いつもの道ではあるけれど

「CX-5」「アテンザ」「アクセラ」の成功を経て、スカイアクティブ第4の“タマ”として4代目デミオが登場した。マツダが目指す領域は「クラスを超えた小型車」。兄貴分たちのクオリティーをそのまま受け継ぐBセグメントカーとして「世界レベルに挑戦する」と、マツダの鼻息は相当に荒い。果たしてマツダの考える「世界レベル」とはどういったものなのか?

今回の試乗会は、参加したジャーナリストの「早いモン勝ち」で試乗枠が埋められていく方式だった。4人兄弟の末っ子に生まれた筆者には「好きなものは真っ先に食べる」というクセが染みついているから、いわばデミオのラインナップの主役である1.5リッターディーゼルターボの「XDツーリング Lパッケージ」と、1.3リッター自然吸気ガソリンの「13S Lパッケージ」をすぐさま選んだ。トランスミッションはともに6段オートマチック。もちろんマニュアルにも大いに関心があるが、悲しいかな、いまや日本国内で販売されるクルマ全体の1割にも満たない台数であるから、二の次になるのは仕方がない。

XDグレードで見るべきは、デミオという小型車の全体像と、1.5ディーゼルターボエンジンの出力特性。そしてこのパワー&トルクが、シャシーにどう影響を及ぼすかの3点である。

ところでマツダは、どうして今回の試乗ステージに箱根を選んだのだろう? 確かにココは、クルマの評価が頻繁に行われる試乗コースの定番ではある。しかし、ことデミオのような小型車にとっては、いくらXDの1.5リッターディーゼルターボが2.5リッターガソリン並みのトルクを生み出すとはいっても、ちょっと場違いである気がするのだ。なぜなら、山道ゆえにきついアップダウンが連続するココでは、自然とアクセルの全開率が高くなりすぎ、消費者が最も知りたいアクセル開度領域を置き去りにしてしまいがちだからである。だったら飛ばさなければいいだろう、という話ではあるのだが……。

今回は4台のデミオに試乗した。写真は1.5リッターディーゼルエンジンを搭載する「XDツーリング Lパッケージ」。
今回は4台のデミオに試乗した。写真は1.5リッターディーゼルエンジンを搭載する「XDツーリング Lパッケージ」。
「XDツーリング Lパッケージ」の室内。運転席まわりはドライビングに集中できるようにデザインされている。
「XDツーリング Lパッケージ」の室内。運転席まわりはドライビングに集中できるようにデザインされている。
「Lパッケージ」を選択するとシートがオフホワイトのハーフレザー(クロス/レザー)となる。
「Lパッケージ」を選択するとシートがオフホワイトのハーフレザー(クロス/レザー)となる。

マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(6AT)/XD(6AT)/13S Lパッケージ(6AT/5MT)の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る