アウディがサーキットで無人自動走行を披露

2014.10.21 自動車ニュース
ホッケンハイムサーキットを行く「アウディRS 7」自動運転コンセプトカー。
ホッケンハイムサーキットを行く「アウディRS 7」自動運転コンセプトカー。 拡大

アウディがサーキットで無人自動走行を披露

独アウディは2014年10月19日、ドイツのホッケンハイムサーキットで、「アウディRS 7」自動運転コンセプトカーの無人走行デモンストレーションを行った。

■レーシングスピードでコースを疾走

無人走行デモは、ドイツツーリングカー選手権(DTM)第10戦ホッケンハイムの会場で、観衆を前にして行われた。アウディRS 7自動運転コンセプトは正確な走りで、無事サーキットを1周した。ちなみにタイムは2分あまり。市販車としてはなかなかのペースだ(DTMのレーシングカーだと1分30秒台)。

自動運転に必要なGPSデータは標準的なWi-Fi(無線LAN)と高周波電波を使って車両に送られた。同時に、車両に搭載された3Dカメラがコースを監視し、事前にプログラムされた映像データとの違いを検証しながら走行する仕組みが採られた。

自動運転は同社にとって最も重要な開発領域のひとつで、米スタンフォード大学などと共同で開発を行っている。

(webCG)

関連キーワード:
A7スポーツバックアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークHSEダイナミック(4WD/9AT)【試乗記】 2018.5.2 試乗記 ランドローバーのスタイリッシュなSUV「レンジローバー イヴォーク」の2018年モデルに試乗。細部のブラッシュアップもさることながら、最新型のハイライトは、なんといってもパワーユニットが刷新されたこと。大きな期待を胸に乗り込んでみると……
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
ホームへ戻る