ロールス・ロイス・ゴースト(FR/8AT)

「本物」の資質 2014.10.27 試乗記 デビュー5年目にして初の大幅改良を受け、「シリーズII」へと進化した「ロールス・ロイス・ゴースト」。進化したホスピタリティーと、受け継がれたロールスの世界観に触れた。

ゴーストでなければならない理由

2003年に造られたイギリスはグッドウッドのロールス・ロイス本社&工場。現在、そこで働く従業員は当初の4倍以上に増え、年間生産台数は昨年で約3600台と10倍近くにも膨れ上がっている。言うまでもなく、ゴーストの人気がそれを支えているわけだ。

われわれにとって300万円のクルマと500万円のクルマとは、カテゴリー以前の予算的問題として別領域であり、見積もりを並べて比較検討することはそうそう考えられない。が、3000万円のゴーストを買う人が、5000万円の「ファントム」を予算的に諦めるという話はそれほど多くはないだろう。
ゴーストにあってファントムにないものとは何なのか。ロールス・ロイスの商品企画マネジャーはそれを、イギリス人の好きなアンダーステートメント性になぞらえながら語ってくれた。

「ファントムのオーナーでも、日々のビジネスにそれを用いることができるのはごく一部です。それは物理的な理由ではなく、ビジネスやライフスタイルにおける配慮ということになるでしょう。ゴーストはわれわれが持てる100%の中で現在のカスタマーを取り巻く生活環境との親和性を優先しています。対してファントムには、われわれが培ってきたロールス・ロイスの世界観を125%込めているつもりです」

仕事のアシとして毎日乗れる上、自らがステアリングを握っても収まりがいい。しかるべき場所でもわきまえをもって接することができ、主張はあれど必要以上の威勢は感じさせない。実に微妙なさじ加減をもってゴーストのポジションは定められている。それはファントムという絶対的存在があるがゆえのことなのだろう。それをもって、年間3000台近くの生産台数はビジネスの上でも形骸化を防ぐという意味でも、ロールス・ロイスにとって「ちょうどいい」数字であるとのことだった。

そのゴーストに、登場5年目にして初めてのマイナーチェンジが施された。ロールス・ロイス的にはゴースト シリーズIIとなるそれは、一見するとヘッドライトの形状に若干アクセントが加えられたことくらいしか違いが見いだせない。しかし実際はグリル、ボンネット、フェンダーにバンパーと、フロントセクションを全て変更し、プロポーションそのものもミリの単位で修正を加えているという。形状そのものは若干押し出しの強い側に。一方で「フライングレディー」の角度をわずかに前傾させて印象を和らげるなど、それは洋服の仕立てのように微細な世界だ。

ロールス・ロイスのエントリーモデルとして、2010年にデビューした「ゴースト」。標準モデルとストレッチバージョンである「エクステンデッドホイールベース」の2種類が用意される。
ロールス・ロイスのエントリーモデルとして、2010年にデビューした「ゴースト」。標準モデルとストレッチバージョンである「エクステンデッドホイールベース」の2種類が用意される。

今回の改良では、ダッシュボードなどの素材がよりソフトな手触りのものに変更されている。


    今回の改良では、ダッシュボードなどの素材がよりソフトな手触りのものに変更されている。
ホールド性を高めるために一新されたフロントシート。電動調整機構付きのサイサポートが備わる。
ホールド性を高めるために一新されたフロントシート。電動調整機構付きのサイサポートが備わる。
一目見ただけでは分かりづらいが、新しいデザインのボンネットやバンパー、LEDヘッドランプを採用するなど、フロントまわりは従来モデルから大きく変更を受けている。
一目見ただけでは分かりづらいが、新しいデザインのボンネットやバンパー、LEDヘッドランプを採用するなど、フロントまわりは従来モデルから大きく変更を受けている。
ボンネットの前端にあしらわれた女神像「スピリット・オブ・エクスタシー」。「フライングレディー」とも。
ボンネットの前端にあしらわれた女神像「スピリット・オブ・エクスタシー」。「フライングレディー」とも。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴーストの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る