第370回:噂のネット配車ハイヤー「UBER」にパリで挑戦してみた

2014.10.24 エッセイ

既存タクシーを揺るがした新システム

「26歳を超えてもバスに乗っている男性は、失敗者と自覚してよい」というのは、マーガレット・サッチャー元英国首相の語録である。
お抱えドライバーに任せて運転から解放された生活を夢見るボクだが、とうの昔に26歳を超えてしまった。かわりに、家の前を通過するバス路線の時刻表を完璧に記憶し、使っている。サッチャー氏からすれば失敗者代表である。恐らくこの先も運転手を雇える人生とはならないだろう。唯一できるのは、自動運転「グーグルカー」の頭金をためておくことくらいだ。

運転手といえば、近年ヨーロッパでも話題になっているサービスに「UBER(ウーバー)」がある。スマートフォンを活用した配車サービス(仲介業者)だ。2009年に米国カリフォルニアで考案された。
客がスマートフォンの専用アプリケーションで配車手配すると、近隣にいるドライバーや車両のタイプが表示される。車両にタクシーメーターは装備されていないかわり、概算料金や予想所要時間は、検索時点でわかる。
東京では、タクシーとハイヤー双方が呼び出せるようになっているが、ヨーロッパの場合、あんどんを付けたタクシーは選べない。

米国発のこの新しい配車サービス、ヨーロッパでは既存のタクシードライバーたちとたびたび衝突を巻き起こしてきた。
最も記憶に新しいのは2014年6月だ。各国大都市のタクシードライバーたちが一斉に、ウーバーや類似するインターネット系配車システムの排除や適正化を行政に求めるため、同時ストライキを決行したのだ。その後もタクシードライバーたち(とそのロビイスト)対ウーバーで綱引きが続いている。

7月、ロンドンでは市の交通局がウーバーを「合法」と判断。いっぽうで9月にはフランクフルトの地方裁判所がドイツでのウーバー営業を禁止した。同じ9月イタリアでは、ジェノバでウーバー向けハイヤー営業をしていたドライバーが市警察によって1700ユーロ(約23万円)の反則金が課せられたうえ、車両が差し押さえられた。10月にはベルギーでも「従来の旅客輸送に関連する法律を逸脱している」との理由でウーバーを禁止した。

ヨーロッパでこの問題を論じるには、従来のタクシー運転手と利用客、双方の立場に立って考えなければならない。
欧州の多くの国でタクシー運転手は個人が多い。営業許可証を手に入れて開業する。加えて、自治体が実施する資格試験を受け、無線配車組合に加盟する必要がある。
許可証の数は地方自治体が管理しているため、誰かが廃業して空きがでるまで手に入れることはできない。許可証の価格は手放す人との交渉により異なり、イタリアやフランスの場合、円換算で2000~3000万円が相場だ。
そのように苦労して取得した権利を、新興のウーバー登録運転手に奪われたくない、というのが彼らの本音なのである。

いっぽう利用客の側からすると、既存のタクシーに決して満足しているわけではない。指定の乗り場に行っても、混雑する時間帯や悪天候のとき(つまり客が多いとき)は一向にクルマが来ない。またそうしたときは電話で呼び出しても、オペレーターが出にくい。イタリアなどでは、通話の途中でブチッと切れてしまったりすることもある。

この慢性的車両不足状態は、既存ドライバーのロビー活動で台数が増やせないことが理由としてある。例えば、ボクが住むシエナは人口が約5万4000人で、年間を通じて観光客が押し寄せる街だ。多くの路線バスの最終が夜9時前という交通事情にもかかわらず、公認タクシーはわずか50数台にとどまる。個人的には、イタリアでウーバーがもっと充実すればよいのにと思うことしきりだ。

パリ・オルリー空港。主に欧州圏内の短・中距離路線や、アフリカ方面の飛行機の発着を受け持っている。
オルリー空港は、少し前まで無料WiFiは30分までだったが、気がつけば時間無制限になっていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。