「ルノー・カングー」に黄、緑、青の特別仕様車

2014.10.23 自動車ニュース
「カルノー・カングー ペイザージュ」
「カルノー・カングー ペイザージュ」

「ルノー・カングー」に黄、緑、青の特別仕様車

ルノー・ジャポンは2014年10月23日、「カングー」に特別仕様車「ペイザージュ」を設定し、200台の台数限定で販売を開始した。

今回のペイザージュは、カングーの上級グレード「ゼン」のAT仕様をベースに、フランスのシャンパーニュ地方の風景をイメージしたというボディーカラーや、各種特別装備を採用したものである。なお、ペイザージュ(paysage)とは、フランス語で「風景」の意である。

ボディーカラーは菜の花の黄色をイメージした「ジョン シトロン」、ブドウの葉の緑色をイメージした「ヴェール カクトゥス メタリック」、わずかにくすんだ空の青色をイメージした「ブルー アルジョン メタリック」の3色で、台数はそれぞれ100台、50台、50台となっている。

また特別装備としてプライバシーガラスやフロントシートバックテーブルなどを採用。助手席には可倒機構が備わっており、2.7mの長尺物も積みこむことができる。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・シルバー&ブラックフロントバンパー
・ブラックリアバンパー
・シルバードアミラー
・プライバシーガラス
・フロントシートバックテーブル
・可倒式助手席

価格はゼンと同じ241万5000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
カングールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • フォルクスワーゲン、サウンドにこだわった3種の限定車を発売 2018.2.1 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年2月1日、「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」「ティグアン」に特別仕様車「ディナウディオエディション」をそれぞれ設定し、各300台の台数限定で発売した。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
ホームへ戻る