「ルノー・カングー」に黄、緑、青の特別仕様車

2014.10.23 自動車ニュース
「カルノー・カングー ペイザージュ」
「カルノー・カングー ペイザージュ」
    拡大

「ルノー・カングー」に黄、緑、青の特別仕様車

ルノー・ジャポンは2014年10月23日、「カングー」に特別仕様車「ペイザージュ」を設定し、200台の台数限定で販売を開始した。

今回のペイザージュは、カングーの上級グレード「ゼン」のAT仕様をベースに、フランスのシャンパーニュ地方の風景をイメージしたというボディーカラーや、各種特別装備を採用したものである。なお、ペイザージュ(paysage)とは、フランス語で「風景」の意である。

ボディーカラーは菜の花の黄色をイメージした「ジョン シトロン」、ブドウの葉の緑色をイメージした「ヴェール カクトゥス メタリック」、わずかにくすんだ空の青色をイメージした「ブルー アルジョン メタリック」の3色で、台数はそれぞれ100台、50台、50台となっている。

また特別装備としてプライバシーガラスやフロントシートバックテーブルなどを採用。助手席には可倒機構が備わっており、2.7mの長尺物も積みこむことができる。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・シルバー&ブラックフロントバンパー
・ブラックリアバンパー
・シルバードアミラー
・プライバシーガラス
・フロントシートバックテーブル
・可倒式助手席

価格はゼンと同じ241万5000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
カングールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.25 試乗記 現行型MINIの3モデルが、デビューから4年を経て大幅にマイナーチェンジ。デュアルクラッチ式ATの採用とサスペンションの改良は、このクルマにどんな変化をもたらしたのか? スペイン・マヨルカ島での試乗で感じた、進化の程をリポートする。
ホームへ戻る