第261回:「Sクラス セダン」に情熱をプラス
「メルセデス・ベンツSクラス クーペ」のチーフデザイナーに聞く

2014.10.24 エディターから一言
「Sクラス クーペ」のチーフデザイナー、ロバート・レズニック氏。
「Sクラス クーペ」のチーフデザイナー、ロバート・レズニック氏。

「モダンラグジュアリー&インテリジェンス」をコンセプトに掲げる、メルセデスの新しいフラッグシップ「Sクラス クーペ」。その優雅で瀟洒(しょうしゃ)なスタイリングに込められた作り手の思いとは? チーフデザイナーのロバート・レズニック氏に聞いた。

発表会場にて。「Sクラス クーペ」の車名は18年ぶりの復活となる。
発表会場にて。「Sクラス クーペ」の車名は18年ぶりの復活となる。
「Sクラス クーペ」のリアビュー。
「Sクラス クーペ」のリアビュー。
ロバート・レズニック氏は、1971年スロベニア生まれ。独プフォルツハイム大学卒。フォルクスワーゲン、キアを経て、2009年9月にダイムラーへ。現在はメルセデス・ベンツのチーフデザイナーを務める。
ロバート・レズニック氏は、1971年スロベニア生まれ。独プフォルツハイム大学卒。フォルクスワーゲン、キアを経て、2009年9月にダイムラーへ。現在はメルセデス・ベンツのチーフデザイナーを務める。

ピュアなカタチ、完璧なバランス

――メルセデス・ベンツには、30を超える車種がラインナップされます。それぞれの個性はどのように打ち出していますか?

レズニック:2年前からメルセデス・ベンツの新しいデザインが始まりました。進歩的な「Aクラス」や「CLAクラス」。伝統的な「Eクラス」「Cクラス」そして「Sクラス」。それぞれ独自のポートフォリオを持っています。
Sクラス クーペは、伝統的ではあるけれど、セダンほど保守的ではありません。例えばリアビュー。セダンのナンバープレートはバンパー上部の真ん中にあります。一方、Sクラス クーペは、バンパーの下にナンバープレートが配されます。

――Sクラス クーペは、モデルライフの長いクルマです。デザインで注意したことは?

レズニック:プロポーションが大事です。全長5mを超えるクーペはなかなかありません。ピュアなカタチにするよう意識し、完璧なバランスを求めました。Sクラス クーペのキャビンは、ボディーの後方に置かれます。FRならではのプロポーションです。

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る