第261回:「Sクラス セダン」に情熱をプラス
「メルセデス・ベンツSクラス クーペ」のチーフデザイナーに聞く

2014.10.24 エッセイ
「Sクラス クーペ」のチーフデザイナー、ロバート・レズニック氏。
「Sクラス クーペ」のチーフデザイナー、ロバート・レズニック氏。

「モダンラグジュアリー&インテリジェンス」をコンセプトに掲げる、メルセデスの新しいフラッグシップ「Sクラス クーペ」。その優雅で瀟洒(しょうしゃ)なスタイリングに込められた作り手の思いとは? チーフデザイナーのロバート・レズニック氏に聞いた。

発表会場にて。「Sクラス クーペ」の車名は18年ぶりの復活となる。
発表会場にて。「Sクラス クーペ」の車名は18年ぶりの復活となる。
「Sクラス クーペ」のリアビュー。
「Sクラス クーペ」のリアビュー。
ロバート・レズニック氏は、1971年スロベニア生まれ。独プフォルツハイム大学卒。フォルクスワーゲン、キアを経て、2009年9月にダイムラーへ。現在はメルセデス・ベンツのチーフデザイナーを務める。
ロバート・レズニック氏は、1971年スロベニア生まれ。独プフォルツハイム大学卒。フォルクスワーゲン、キアを経て、2009年9月にダイムラーへ。現在はメルセデス・ベンツのチーフデザイナーを務める。

ピュアなカタチ、完璧なバランス

――メルセデス・ベンツには、30を超える車種がラインナップされます。それぞれの個性はどのように打ち出していますか?

レズニック:2年前からメルセデス・ベンツの新しいデザインが始まりました。進歩的な「Aクラス」や「CLAクラス」。伝統的な「Eクラス」「Cクラス」そして「Sクラス」。それぞれ独自のポートフォリオを持っています。
Sクラス クーペは、伝統的ではあるけれど、セダンほど保守的ではありません。例えばリアビュー。セダンのナンバープレートはバンパー上部の真ん中にあります。一方、Sクラス クーペは、バンパーの下にナンバープレートが配されます。

――Sクラス クーペは、モデルライフの長いクルマです。デザインで注意したことは?

レズニック:プロポーションが大事です。全長5mを超えるクーペはなかなかありません。ピュアなカタチにするよう意識し、完璧なバランスを求めました。Sクラス クーペのキャビンは、ボディーの後方に置かれます。FRならではのプロポーションです。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
ホームへ戻る