100台限定、5段MTの「フィアット・パンダ」登場

2014.10.23 自動車ニュース
「フィアット・パンダ MT」
「フィアット・パンダ MT」

100台限定、5段MTの「フィアット・パンダ」登場

フィアット クライスラー ジャパンは2014年10月23日、「フィアット・パンダ」にマニュアルトランスミッションモデル「パンダ MT(エムティー)」を設定し、11月1日より100台の台数限定で販売すると発表した。

 

パンダMTは、通常は5段シングルクラッチAT車しか設定のない「パンダ Easy」をベースに、5段MTを搭載したものである。ハンドル位置はベース車と同じ右。エンジンについても変更はなく、最高出力85ps/5500rpm、最大トルク14.8kgm/1900rpmを発生する875ccの直列2気筒ターボを搭載している。ただ、燃費はベース車が18.4km/リッターなのに対し、こちらは17.9km/リッターとなっている(ともにJC08モード)。

ボディーカラーは「イタリアンレッド」「アイスホワイト」の2色で、販売台数はそれぞれ50台。価格はベース車より10万円安い199万8000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
パンダフィアット新車情報「自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • 「ルノー・トゥインゴGT」の通常販売がスタート 2018.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2018年2月1日、「トゥインゴ」の上級グレード「GT」をラインナップに追加し、同年2月22日に発売すると発表した。トゥインゴGTは、ルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールが手がけたスポーティーグレードである。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
ホームへ戻る