アウトランダーPHEVにスポーティーな特別仕様車

2014.10.23 自動車ニュース
「三菱アウトランダーPHEV スポーツスタイルエディション」
「三菱アウトランダーPHEV スポーツスタイルエディション」

スポーティーな外観の「三菱アウトランダーPHEV」発売

三菱自動車は2014年10月23日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に特別仕様車「スポーツスタイルエディション」を設定し、販売を開始した。

 

今回のスポーツスタイルエディションは、カーナビゲーションや電動テールゲートを標準装備する「G ナビパッケージ」をベースに、エクステリアをよりスポーティーなものとした特別仕様車である。

具体的には、フロントグリルをより大きく見せるため、グリルを上下に分割するセンターバンパーをボディー同色からブラックに、バンパー下部のスキッドプレートをシルバーからボディー同色に変更。アルミホイールの色もシルバーからダークグレーに変更している。

また、同車についてはディーラーオプションの「スタイリングパッケージ(フロントコーナーエクステンション、サイドシルエクステンション、リヤコーナーエクステンション)」を、通常価格より安い9万9800円で設定。同パッケージの購入者には、シャークフィンアンテナ(1万8340円)、テールゲートスポイラー(3万2745円)、エンジンフードエンブレム(6955円)も特別価格で提供される。(いずれも工賃込み)

価格は、ベース車から据え置きの412万3440円。

(webCG)
 

関連キーワード:
アウトランダーPHEV三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD) 2017.12.19 挑戦し続ける三菱アウトランダーPHEV<PR> 2017年にクルマづくり100周年を迎えた三菱自動車がこの秋、新しいブランドメッセージ「Drive your Ambition」を発表した。進化を続ける「アウトランダーPHEV」の試乗を通じて、このメッセージに込められた思いに触れてみる。
  • 「日産スカイライン」が新デザインになって登場 2017.12.20 自動車ニュース 日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ。新デザインのグリルやバンパーを採用するなどしてフロントまわりの意匠を変えたほか、インテリアではステアリングホイールやシフトセレクター、メーターなどの意匠を変更している。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(4WD/6AT)/CX-8 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.18 試乗記 マツダから3列シートの新型SUV「CX-8」が登場。既存のミニバンに代わる多人数乗車モデルであるとともに、「アテンザ」と並ぶ同社のフラッグシップという役割も課せられたニューモデルの実力をリポートする。
  • 第7回:「XC60」で行く吉田由美の爽快ドライブ 2018.1.9 徹底検証! ボルボXC60 カーライフエッセイストの吉田由美が新型「ボルボXC60」で、東京近郊の渓谷までドライブ。9年ぶりにフルモデルチェンジしたボルボの売れ筋SUVはどんなクルマに仕上がっているのか、その走りや使い勝手について詳しく報告する。
  • フォルクスワーゲンe-ゴルフ(FF)【試乗記】 2018.1.10 試乗記 100%電気自動車の「フォルクスワーゲンe-ゴルフ」に試乗。“Cセグメントのベンチマーク”とも評される「ゴルフ」は、電動化によっていかなるクルマへと変化したのか。約250kmの試乗を通じて得られた、リポーターの結論とは!?
ホームへ戻る