メルセデス・ベンツGLA45 AMG 4MATIC Edition 1(4WD/7AT)

超一流のアスリート 2014.10.29 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLAクラス」に追加された600台の限定モデル「GLA45 AMG 4MATIC Edition 1」。専用の内外装をまとったモンスターマシンの実力を試した。

ただ者ではないすごみ

子どもの頃から「能あるタカは爪を隠す」と教わってきたので、爪を隠すどころか牙をむいているメルセデス・ベンツGLA45 AMG 4MATIC Edition 1の外観は、いまいちなじめない。
同社の「Aクラス」にも使われるプラットフォームを元にしたコンパクトSUVが、「GLA」で、そのGLAに世界最強の2リッターエンジンを搭載した高性能バージョンが「GLA45 AMG」。そのGLA45 AMGの発売を記念して設定された600台限定の特別仕様車がメルセデス・ベンツGLA45 AMG 4MATIC Edition 1で、専用のエアロパーツやボディーサイドのデカールなど、内外装が特別な仕立てとなっている。600台のうち300台のボディーカラーが今回試乗した「カルサイトホワイト」で、残りが「コスモスブラック」となる。

マットなブラックに塗られた20インチのアルミホイールも、ボディー各部にこれでもかとちりばめられた赤の差し色も派手だけれど、一番目立つのはやはり立派なリアスポイラーだ。見るからに、ただ者ではないすごみを放っている。
インテリアもエクステリアと同様に、赤い色がアクセントに使われている。基本的なデザインはノーマルのGLAに準じるけれど、シートやステアリングホイール、シフトセレクターなどがAMG専用のものとなっていて、ぱっと見た印象は随分と違う。ありていに言えば、スポーティーで高そうに見える。

見るからにしっかり体をホールドしてくれそうなシートに腰掛けると、このシートが見かけ倒しではないことがすぐにわかる。体のどこか一部を支えるのではなく、肩から腿(もも)までを包むようにホールドするのだ。見た目はレーシーだけど、座るとラグジュアリー。同じく、ステアリングホイールやシフトセレクターのレザーの感触も、実に滑らか。
これはスポーティー仕様というよりプレミアム仕様か? と、思ったけれど、エンジンを始動した瞬間にその考えを取り消すことになる。ずんと腹に響く、ヤル気スイッチをオンにする重低音が伝わってくるからだ。パワフルな鼓動を感じながら、シフトセレクターをドライブに入れて発進する。

「GLA45 AMG 4MATIC Edition 1」に搭載されるエンジンはメルセデスAMG社が開発した2リッター直4ターボエンジン。360psと45.9kgmを発生する。
「GLA45 AMG 4MATIC Edition 1」に搭載されるエンジンはメルセデスAMG社が開発した2リッター直4ターボエンジン。360psと45.9kgmを発生する。
マットブラックにペイントされた20インチAMG10スポークアルミホイールは、「Edition 1」の専用装備。組み合わされるタイヤのサイズは235/40ZR20となる。
マットブラックにペイントされた20インチAMG10スポークアルミホイールは、「Edition 1」の専用装備。組み合わされるタイヤのサイズは235/40ZR20となる。
インテリアはブラックを基調に、アクセントとしてステッチなど随所に赤が用いられている。
インテリアはブラックを基調に、アクセントとしてステッチなど随所に赤が用いられている。
「Edition 1」専用となるハニカムブラックデザインのインテリアトリム。
「Edition 1」専用となるハニカムブラックデザインのインテリアトリム。
エクステリアでは、サイドパネルのデカールやフロントとリアのエアロパーツが「Edition 1」の専用装備。
エクステリアでは、サイドパネルのデカールやフロントとリアのエアロパーツが「Edition 1」の専用装備。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLAの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る