「フォード・フォーカス」装備充実の新グレード

2014.10.24 自動車ニュース
「フォード・フォーカス」
「フォード・フォーカス」

「フォード・フォーカス」に装備充実の新グレード

フォード・ジャパン・リミテッドは2014年10月23日、「フォーカス」に新グレード「スポーツドライブアシストパッケージ」を追加設定し、同年11月1日に発売すると発表した。

 

新グレードのフォーカス スポーツドライブアシストパッケージは、運転支援システムを搭載したモデル。具体的には、縦列駐車時に超音波センサーで駐車可能スペースを検知し、ステアリング操作を自動で行う「アクティブ・パークアシスト」、前後の障害物を知らせる「フロント&リバースセンシングシステム」、前走車追従機能付きの「アダプティブ・クルーズコントロール」を標準で備えている。

同時に、既存のグレード「スポーツ」の価格改定を実施。これまで301万3714円だったものを、286万円に値下げした。新価格のスポーツについては、2015年1月の発売を予定している。

ラインナップと価格は以下の通り。
・スポーツ:286万円
・スポーツドライブアシストパッケージ:307万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る