「水野和敏的視点」 vol.72 「メルセデス・ベンツCLA45 AMG 4MATIC」

2014.10.24 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.72 「メルセデス・ベンツCLA45 AMG 4MATIC」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回の主役は「メルセデス・ベンツCLA45 AMG 4MATIC」である。メルセデス自ら「クラスで世界一パワフル」と胸を張る、360psの2リッター直4ターボエンジンがもたらす走りとは? ミスターGT-Rがチェックする。




メルセデス・ベンツCLA45 AMG 4MATIC
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1780×1430mm/ホイールベース:2700mm/車重:1600kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:360ps/6000rpm/最大トルク:45.9kgm/2250-5000rpm/タイヤ:(前)235/40ZR18 (後)235/40ZR18/車両本体価格:730万2000円

■精緻でラフ!?

「ボルボS60ポールスター」「スバルWRX STI」、そして「アウディS3セダン」と、このところパワフルなエンジンを搭載するスポーティーな4WDセダンを集中的に取り上げてきました。一口にハイパワー4WDセダンといっても、それぞれが非常に個性的で、とても興味深いものがあります。今回の主役「メルセデス・ベンツCLA45 AMG 4MATIC」も、個性においてはライバルに引けをとりません。

CLA45 AMG 4MATICは、ご承知のとおり、CLAクラスの最強バージョンです。2リッター直4ターボエンジンは、ライバルたちを寄せ付けない360ps/6000rpmと45.9kgm/2250-5000rpmを生み出し、メルセデス自ら量産4気筒ターボとしては「世界一パワフル」とうたっています。その一方で、ピエゾインジェクターによるスプレーガイド式直噴やマルチスパークイグニッションを用いることで燃費にも配慮しており、JC08モード燃費は13.7km/リッターと、なかなか優秀な値になっています。

また、この強力なパワーを余すところなく路面に伝えるために、駆動方式には「AMG 4MATIC」と呼ばれる4WDシステムが採用されています。FFベースながら、電子制御多板クラッチをリアアクスルに収納して、前後の重量バランスの悪化を防いでいます。0-100km/h加速は、なんと約4.6秒!?通常は前輪駆動で走行しますが、前輪の空転を検知すると、最大で50%の駆動力を後輪に配分するようになっています。価格は730万2000円です。

1リッターあたり180psという高出力を誇る2リッター直4ターボエンジンは、味付けもまた個性的です。前回(第71回)試乗したアウディS3セダンが、上質でスムーズな出力特性を特徴とするなら、こちらはスペック通りのパンチを感じさせるエンジンです。スロットルペダルを踏むと、コンマ8秒ぐらいでしょうか、1秒足らずの待ち時間があって、その後、 一気にトルクが盛り上がります。その盛り上がり方が実に劇的なのです。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLAクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る