BMW X4 xDrive35i Mスポーツ(4WD/8AT)

意外の連続 2014.10.31 試乗記 2014年10月に国内デリバリーが始まった、BMWの新型クロスオーバー「X4」。既存のBMW車とはどう違う? その価値はどこにある? パワフルな最上級モデルで確かめた。

「ワタシ、遊びもやりますよ」

毎度私事で恐縮だが、数カ月前、生まれて初めてBMW(中古の「335iカブリオレ」)を買って以来、乗るたびに経験したことのないエリート感に酔っている。それは、高い背広を着ている感覚だ。
なにせ、高い背広など着る機会がまったくない(持ってない)自営業者なので、とても新鮮なのである。こういう感覚は、ドイツのプレミアムブランドだけのもので、イタフラ車や国産車では味わえない。

購入当初、回転が重かった3リッター直6ツインターボエンジンも、本線料金所からのダッシュを10発くらいかましたところ、見違えるように回るようになった。この緻密な回転感こそジャーマンクオリティー。偉くなったような気分満点だ。

が、人間ゼイタクなもので、ただエリートなだけでは満足できず、「遊びもやりますよ」というポーズを見せたい。私はそれを、メタルトップのカブリオレで表現しているが、このX4は、SUVとスポーツクーペの合体テイストでアピールする。

まずSUV(BMWはSAVと言っているが)というだけで、8割がた遊びに振っているわけだが、ここにスポーツクーペの要素が加わると、フォーマル感と肉食感と金持ち感が加算される。
フォーマル感は、スピード志向がトラディショナルな価値観であるがゆえ。肉食感は、直線だけでなくコーナーでも負けたくないという意思が垣間見えるため。金持ち感は、結局そんな欲張りな人間は金持ちに違いないという雰囲気が漂うからである。

「BMW X4」は、2014年4月のニューヨーク国際オートショーでデビュー。同年8月には日本市場への導入が決まり、受注も始まった。
「BMW X4」は、2014年4月のニューヨーク国際オートショーでデビュー。同年8月には日本市場への導入が決まり、受注も始まった。
センターコンソールがわずかにドライバー側を向くインテリア。ほかのBMW車にも見られるデザイン上のこだわりだ。
センターコンソールがわずかにドライバー側を向くインテリア。ほかのBMW車にも見られるデザイン上のこだわりだ。
メーターはアナログ式の4眼タイプ。中央の空きスペースは液晶のインフォメーションディスプレイになっている。
メーターはアナログ式の4眼タイプ。中央の空きスペースは液晶のインフォメーションディスプレイになっている。
荷室へのアクセスは、大きく開くハッチゲートから。電動の開閉機構が備わる。
荷室へのアクセスは、大きく開くハッチゲートから。電動の開閉機構が備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW X1 xDrive25i xライン(4WD/8AT)【試乗記】 2016.1.15 試乗記 2015年10月に日本に導入された新型「BMW X1」。FRベースのプラットフォームをやめ、新たにFF系のシャシーを採用するなど、従来モデルからすべてが一新された2代目の実力を、上級グレード「xDrive25i」の試乗を通してチェックした。その出来栄えをひとことで表すと……?
ホームへ戻る