クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW X4 xDrive35i Mスポーツ(4WD/8AT)

意外の連続 2014.10.31 試乗記 2014年10月に国内デリバリーが始まった、BMWの新型クロスオーバー「X4」。既存のBMW車とはどう違う? その価値はどこにある? パワフルな最上級モデルで確かめた。

「ワタシ、遊びもやりますよ」

毎度私事で恐縮だが、数カ月前、生まれて初めてBMW(中古の「335iカブリオレ」)を買って以来、乗るたびに経験したことのないエリート感に酔っている。それは、高い背広を着ている感覚だ。
なにせ、高い背広など着る機会がまったくない(持ってない)自営業者なので、とても新鮮なのである。こういう感覚は、ドイツのプレミアムブランドだけのもので、イタフラ車や国産車では味わえない。

購入当初、回転が重かった3リッター直6ツインターボエンジンも、本線料金所からのダッシュを10発くらいかましたところ、見違えるように回るようになった。この緻密な回転感こそジャーマンクオリティー。偉くなったような気分満点だ。

が、人間ゼイタクなもので、ただエリートなだけでは満足できず、「遊びもやりますよ」というポーズを見せたい。私はそれを、メタルトップのカブリオレで表現しているが、このX4は、SUVとスポーツクーペの合体テイストでアピールする。

まずSUV(BMWはSAVと言っているが)というだけで、8割がた遊びに振っているわけだが、ここにスポーツクーペの要素が加わると、フォーマル感と肉食感と金持ち感が加算される。
フォーマル感は、スピード志向がトラディショナルな価値観であるがゆえ。肉食感は、直線だけでなくコーナーでも負けたくないという意思が垣間見えるため。金持ち感は、結局そんな欲張りな人間は金持ちに違いないという雰囲気が漂うからである。

「BMW X4」は、2014年4月のニューヨーク国際オートショーでデビュー。同年8月には日本市場への導入が決まり、受注も始まった。
「BMW X4」は、2014年4月のニューヨーク国際オートショーでデビュー。同年8月には日本市場への導入が決まり、受注も始まった。
    拡大
センターコンソールがわずかにドライバー側を向くインテリア。ほかのBMW車にも見られるデザイン上のこだわりだ。
センターコンソールがわずかにドライバー側を向くインテリア。ほかのBMW車にも見られるデザイン上のこだわりだ。
    拡大
メーターはアナログ式の4眼タイプ。中央の空きスペースは液晶のインフォメーションディスプレイになっている。
メーターはアナログ式の4眼タイプ。中央の空きスペースは液晶のインフォメーションディスプレイになっている。
    拡大
荷室へのアクセスは、大きく開くハッチゲートから。電動の開閉機構が備わる。
荷室へのアクセスは、大きく開くハッチゲートから。電動の開閉機構が備わる。
    拡大

価値ある“金持ち感”

初めて「X6」を見た時は、「いくらなんでもやりすぎだろ!」と思ったものだ。象がチーターと競争しようというんだから。自然との調和を大事にする東洋人としては、どこまで貪欲なんだとあきれた。
が、X4には、ボディーサイズが手頃な分、そこまでの欲張り感はない。クルマにそれほど詳しくない人が見れば、ちょっとシュッとした中型SUVに見えるだろう。

しかし、「X3」と並べると、明らかに少しフォーマルで肉食で金持ちっぽい。価格差は約20万円だが、100万円くらい高く見える。なぜ100万円かといわれると根拠はないが、なにしろよりフォーマルで肉食で金持ちっぽいので、それくらいは違って見える。この時点で、X4の存在意義は「ある」。

今回乗ったのは、トップモデルの「X4 xDrive35i Mスポーツ」。エンジンはわが愛機の進化型たる3リッターツインパワーターボだ。なにしろこのエンジンは、とてつもなく美味だ。低中速でのシルキーな回転フィールも甘美だが、絶対性能も素晴らしい。これさえ載ってれば、「7シリーズ」だろうがなんだろうがガツンと走らせられる。
そう思っていたのだが、意外にガツンと走らない。もちろん十分速いが、もっとガツンと来ると思ったので少し拍子抜けした。

スペックを見ると、車両重量1900kg。こんなに重いのか……。見た目が割とシュッとしているので、ここまで重いと思いませんでした。先日乗った「435iグランクーペ」はガツンと加速しまくったが、あれはこれより300kg軽かった。さすがに300kgの差は大きい。しかもX4は四駆、駆動抵抗も大きい。こんなもんで妥当ですね。


BMW X4 xDrive35i Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】の画像 拡大
「X6」よりも小ぶりな「X4」。比べてみると、およそ20cm短く、10cm幅が狭く、車高は約7cm低い。
「X6」よりも小ぶりな「X4」。比べてみると、およそ20cm短く、10cm幅が狭く、車高は約7cm低い。
    拡大
3リッター直6ターボエンジンは、306psと40.8kgmを発生。ストップ/スタート機能が備わる。
3リッター直6ターボエンジンは、306psと40.8kgmを発生。ストップ/スタート機能が備わる。
    拡大
「X4 xDrive35i」が0-100km/h加速に要する時間は5.5秒。エントリーモデルの「X4 xDrive28i」では6.4秒と公表される。
「X4 xDrive35i」が0-100km/h加速に要する時間は5.5秒。エントリーモデルの「X4 xDrive28i」では6.4秒と公表される。
    拡大
荷室の容量は、標準状態で500リッター。後席を倒すことで、最大1400リッターにまで拡大できる。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
荷室の容量は、標準状態で500リッター。後席を倒すことで、最大1400リッターにまで拡大できる。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
    拡大

らしからぬコーナリング

それより素晴らしいのは足まわりだ。まず乗り心地。近年のBMWらしく、ダイレクトかつしなやかでエリート感満点だ。さすがにタイヤ/ホイールサイズが大きいので、バネ下のバタつきは乗用車系より強いが、車高および着座位置の高いSUVの弱点である横方向の揺れがとても少ない。

SUVの弱点は、路面の凹凸でボディーが左右に揺れて、乗員の脳もゆさぶられる点にある。後席だと、何かにつかまっていないと体もぶつける。これはSUVの宿命だが、X4はそれがほとんど感じられない。
コーナーでのロールも最小だが、日常走行では、歩道の段差を斜めに乗り越える時などの、左右への「ユサユサッ」というのが実に小さい。ゴンという突き上げはしっかり吸収するが、大きなロールは決して許さない先進のサスペンションテクノロジー。これがスポーツ走行時だけでなく、コンビニへの進入時も遺憾なく発揮される。さすがBMW。

コーナーを攻めると、SUVのハンディはほぼまったく感じない。なにしろロールがほとんどないし、重心の高さも感じない。公道ならほぼニュートラルステアで曲がりまくる。「きっとクルマが何かやってんだろうな」というのには今や慣れっこだが、間違いなくクルマが「何かやって」、速く安定して曲がってくれる。

 

 

 

「X4 xDrive35i Mスポーツ」のホイールは、標準で19インチ。テスト車にはオプションの20インチアルミホイールが装着されていた。
「X4 xDrive35i Mスポーツ」のホイールは、標準で19インチ。テスト車にはオプションの20インチアルミホイールが装着されていた。
    拡大

BMW X4 xDrive35i Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】の画像 拡大
トランスミッションは8段ATのみ。助手席側(写真左側)には、カーナビやオーディオ、空調を操作するiDriveコントローラーが配される。
トランスミッションは8段ATのみ。助手席側(写真左側)には、カーナビやオーディオ、空調を操作するiDriveコントローラーが配される。
    拡大
スポーティーな形状の前席。テスト車のものは表皮がネバダレザー(オプション)で、シートヒーターも備わる。
スポーティーな形状の前席。テスト車のものは表皮がネバダレザー(オプション)で、シートヒーターも備わる。
    拡大

使えるスポーツカー

四駆を含む元の素性もさることながら、BMW自慢のパフォーマンス・コントロール・システムが、コーナリング中にアンダーステアの兆候を察知すると、コーナー内側のリアホイールに軽くブレーキをかけると同時に、エンジンの駆動トルクを増加させ、外側のホイールへの駆動力を高めて、ニュートラルで曲げてしまう。
クルマが何かやってなきゃこんなに速く安定して曲がるはずがない! という予感はするが、フィーリングはまったく自然。あくまで速すぎるがゆえに「何かやってんな」と勘繰るのみだ。さすがBMW。

つまりこのクルマ、重い分加速では若干ハンディがあるが、走りの総合評価ではSUVのハンディはほぼゼロで、見晴らしがいい分がプラス査定、ということになる。とにかくスポーツカーのように走ります。

最後にスペースユーティリティーをチェックすると、これが意外と広い。前席は「3シリーズ」以上、後席のヘッドクリアランスも「4シリーズ グランクーペ」より余裕がある。見晴らしもいいので、全体に広く感じる。
ラゲッジも、BMWとしては左右幅がある。5リンクにしてはリアサスの出っ張りが小さいと思ったらさにあらず、単に全幅が広い分、ラゲッジ幅も広いだけのようだが、クーペ風のルーフラインからして容量に期待しないので、期待値を上回る広さがあり、まったくもって実用的だ。
ラゲッジには国産コンパクトカーでおなじみのレジ袋フックが? と思ったら、セパレートネット固定用のフックでした。こんなところにレジ袋引っ掛けませんよね。だいたいドイツにはレジ袋がないか。

いずれにせよ、見た目に似合わず実用的でフレンドリーな肉食獣でした。これで約800万円。高いけど、思ったより高くない。
BMWは、いっそSUVでバリオルーフのカブリオレを作ってくれないか。小粋なバブルバカグルマができるだろう。

(文=清水草一/写真=郡大二郎)

伝統のキドニーグリルと4灯ヘッドランプで構成されるフロントまわり。インジケーター含め、ランプはすべてLED式。
伝統のキドニーグリルと4灯ヘッドランプで構成されるフロントまわり。インジケーター含め、ランプはすべてLED式。
    拡大
「クーペのよう」と形容されるルーフラインは、ドライバー着座位置の上部が頂点になっている。
「クーペのよう」と形容されるルーフラインは、ドライバー着座位置の上部が頂点になっている。
    拡大
後席の頭上空間はご覧のとおり。ルーフの傾斜がきついように見えるものの、前方視界のよさから、着座時は広く感じられた。
後席の頭上空間はご覧のとおり。ルーフの傾斜がきついように見えるものの、前方視界のよさから、着座時は広く感じられた。
    拡大
荷室のフロアボード下には、荷物を固定するためのネットや着脱式のフックがおさまる。荷室側面にもフックが設けられている。
荷室のフロアボード下には、荷物を固定するためのネットや着脱式のフックがおさまる。荷室側面にもフックが設けられている。
    拡大

BMW X4 xDrive35i Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

BMW X4 xDrive35i Mスポーツ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4680×1900×1625mm
ホイールベース:2810mm
車重:1920kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:306ps(225kW)/5800rpm
最大トルク:40.8kgm(400Nm)/1200-5000rpm
タイヤ:(前)245/40R20 99Y/(後)275/35R20 102Y(ピレリPゼロ<ランフラット>)
燃費:12.1km/リッター(JC08モード)
価格:790万円/テスト車=855万3000円
オプション装備:アドバンスド・アクティブ・セーフティー・パッケージ(18万5000円)/電動ガラスサンルーフ(17万5000円)/BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアム(6万1000円)/Mライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング310M(14万5000円)/メタリックペイント(8万7000円)

テスト車の年式:2014年型
テスト開始時の走行距離:3502km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(8)/山岳路(0)
テスト距離:128.1km
使用燃料:16.8リッター
参考燃費:7.6km/リッター(満タン法)/7.4km/リッター(車載燃費計計測値)

BMW X4 xDrive35i Mスポーツ
BMW X4 xDrive35i Mスポーツ
    拡大
今回のテスト車は、3リッター直6ターボの「xDrive35i」。このほか、2リッター直4ターボエンジンを積むエントリーモデル「xDrive28i」がラインナップされる。
今回のテスト車は、3リッター直6ターボの「xDrive35i」。このほか、2リッター直4ターボエンジンを積むエントリーモデル「xDrive28i」がラインナップされる。
    拡大
後席の定員は3人。背もたれは40:20:40の分割可倒式となっている。
後席の定員は3人。背もたれは40:20:40の分割可倒式となっている。
    拡大
駐車などを支援する装備として、センサーのほか、周囲を映すカメラが備わる。
駐車などを支援する装備として、センサーのほか、周囲を映すカメラが備わる。
    拡大