メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)

世界最良の乗用車 2014.11.04 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。

アジリティーの本家本元

都内の路上でも新型「Cクラス」を見かけるようになってきた。発売は7月11日。数カ月でこれくらい目立つとは、さすがベストセリング・メルセデスだ。「メルセデス史上、最高傑作のC」という宣伝文句で先代(W204)がビッグマイナーを受けてから3年、信用買いの代替え需要も多いのだろう。

アルミを多用して軽量化に努めた4ドアボディーは、先代よりひとまわり大きくなり、全幅は1.8mを超えた。全長も5cm延びたが、“エンジン兄弟”のスカイラインよりは10cm短い。いつになくロングノーズ/ショートデッキのプロポーションのせいか、サイズよりコンパクトに見えるし、なかなかカッコイイ。ボディーのチリ(パネルとパネルの隙間)が小さくなって、パッと見から品質感が向上したのも特徴だ。

試乗したのは「C200アバンギャルド」(524万円)。これにAMGライン(35万円)、プレミアムパッケージ(32万円)などのオプションを組み込んだモデルである。

もうひとつ、走る前からわかる新型Cクラスの特徴は、内装のデザインや質感が若返ったことである。張りのある曲面や微妙な曲線ががぜん、増えた。Cクラスの下に充実してきた若向き新興メルセデスに感化されて、化粧に目覚めた感じである。

ATセレクターがステアリング右側コラムのレバーに変わって、平たんになったセンターパネルで目立つのは“AGILITY”と書かれた小さなスイッチだ。いわゆるドライブモードの切り替えに、この言葉を使ってきたか……とプチ感慨。アジリティー(敏しょう性)という単語を先代で初めてうたい、世界中に広めたのがCクラスである。

新型「Cクラス」のコンセプトは「アジリティー&インテリジェンス」。レーダーとカメラを用いた「部分自動運転」の実現が自慢のひとつ。
緩やかな曲線を描きながら横たわる、大きなセンターパネルが印象的。「AMGライン」オプションを選択すると、内装トリム「ブラックアッシュウッド」(写真)になる。
同様に「AMGライン」を選択すると、シートはレザーARTICO(人工皮革)のAMGスポーツシートに。本革へのアップグレードも可能。
「COMANDシステム」のコントローラー/タッチパッドがセンターコンソール上に備わる。その左側に「アジリティセレクト」のスイッチがある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る