マツダがCX-3発表 ロードスターの追加情報も【LAショー2014】

2014.10.28 自動車ニュース
「マツダCX-3」
「マツダCX-3」

【LAショー2014】マツダが「CX-3」発表、「ロードスター」の追加情報も

マツダは2014年10月28日、ロサンゼルスオートショー(会期:2014年11月18日~11月30日)において、新型車「CX-3」を世界初公開すると発表した。

 

CX-3は、「SKYACTIV」と総称される同社の独自技術と、デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用したコンパクトSUVである。詳細は明らかにされていないが、マツダは同車について、「洗練された美しいデザインを追求する中で、『魂動』のDNAである生命感の表現を、よりシャープでスピード感を高めた造形へと進化させている」としている。

これに加え、2014年9月に発表した新型「MX-5(日本名:ロードスター)」も出展する予定。同車のエンジンについて「市場ごとに、ロードスター用に専用チューニングを施した1.5リッターおよび2リッターの『SKYACTIV-G』ガソリンエンジンをラインナップする。北米仕様車には2リッターガソリンエンジンを搭載する」と公表した。

これら以外の車両については、「6(日本名:アテンザ)」「CX-5」の改良モデルの世界初公開や、「2(同デミオ)」「3(同アクセラ)」「5(同プレマシー)」「CX-9」といった、市販車の展示も予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
CX-3ロードスターマツダロサンゼルスモーターショー2015イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-5 2016.12.15 画像・写真 マツダは2016年12月15日、新型「CX-5」を発表した。キーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」。デザインは「洗練された力強さ」の表現を目指し、「魂動デザイン」のコンセプトをより高い領域へ引き上げた。その姿を画像で紹介する。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”【試乗記】 2015.3.20 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けて、デザイン、機能性、快適性、そして走りと、あらゆる領域で一段と腕を上げた「マツダCX-5」。ステアリングを握る者を走りへと誘う“ドライバーズSUV”としての資質も同時に高まったのだろうか。このカテゴリーのベストセラーカー「トヨタ・ハリアー」と比較してみた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記