第371回:パリサロン2014(後編)
「パリサロン」とかけて「吉祥寺」と解く、そのこころは?

2014.10.31 エッセイ

入場者数は前回並みを維持

パリモーターショー(パリサロン)が2014年10月19日に閉幕した。プレスデイで知人のフランス人編集者たちは、「何かエンスージアズムが感じられない回だな」とつぶやいていた。たしかに華やかなコンセプトカーは少なく、2013年フランクフルトショーでみられたような自動運転技術に関する目立ったアピールもなかった。

代わりに、フランスのメーカーやサプライヤーによる、空力性能の向上やマテリアルの精選による軽量化など、地道な努力が目立った。例えば、前者はフラップを必要に応じて出すことによって空力効果を変える。後者はシート形状の工夫によってレッグスペースを稼ぎ全長を短縮、ひいては軽量化するといった、観察すれば観察するほど関心する内容が多かった。
しかし、モーターショーらしいインパクトを求めてやってくる一般来場者にどこまで訴求できるかというと、少々難しいと思われたのも事実だった。
ところがふたを開けてみると、入場者数はそれほど少なくなかった。2014年パリサロンの総入場者数は前回2012年と比べ1.8%増の125万3513人で、ほぼ同水準を維持できた。

筆者が思うに、大人こそ入場料14ユーロ(約2000円)だが、9歳以下無料、10歳以上25歳までは8ユーロ(約1100円)という設定が功を奏したと思われる。若者にとって10ユーロ札でおつりが来ることからくるお得感は、決して無視できない。
加えて前回同様、会期中、計4回の木曜・金曜日を「ノクターン」と称して夜22時まで開館していたことも貢献したに違いない。

実はパリの一般公開日数は16日間だ。2013年9月のフランクフルトショー以降の入場者数ランキング2位である東京ショー(90万2800人/2013年)の10日間より6日も長い。1日あたりにするとパリは7万8000人余りで、東京の約10万人より少なくなってしまう。それでも単純に入場者数でみれば「世界最大」のタイトルを維持できた。

パリモーターショー2014のルノーブースにて。プレスデイに撮影。
同じくプレスデイのルノーブース。あまりに広い空きスペースに心配してしまったが、一般公開日のフランステレビを見ると、ちゃんと展示車が並べられていたうえ、大盛況だったので安心した。
ランドローバーのブースにて。雨を降らせるアトラクション。プレスデイでも意外にこうしたベタな企画がウケる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。