フォルクスワーゲンup!に赤と青の限定モデル

2014.10.29 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン move up! style edition(スタイルエディション)」
「フォルクスワーゲン move up! style edition(スタイルエディション)」

「フォルクスワーゲンup!」に赤と青の限定モデル

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年10月29日、スモールカー「up!」に特別仕様車「move up! style edition(スタイルエディション)」を設定し、発売した。

今回の特別仕様車は、move up!の4ドア車をベースに、内外装に特別なコーディネートを施したものである。ボディーカラーは「トルネードレッド」と「コーンフラワーブルー」の2色で、前者についてはインテリアのトリムやシートにアンスラサイトを採用。後者については、ブラックデニムとベージュのツートンカラーとしている。

また、新しいデザインの15インチアルミホイールとレザーステアリングホイール、レザーハンドブレーキグリップなどを標準装備としている。

販売台数は、ボディーカラーがトルネードレッドのものが300台、コーンフラワーブルーのものが200台。価格は179万9000円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2014.7.23 試乗記 誕生から3年、日本導入から2年を迎えようとしているフォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」。改良を受けたというトランスミッションの出来栄えを含め、その実力をあらためて確認した。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
ホームへ戻る