フォルクスワーゲンup!に赤と青の限定モデル

2014.10.29 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン move up! style edition(スタイルエディション)」
「フォルクスワーゲン move up! style edition(スタイルエディション)」

「フォルクスワーゲンup!」に赤と青の限定モデル

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年10月29日、スモールカー「up!」に特別仕様車「move up! style edition(スタイルエディション)」を設定し、発売した。

今回の特別仕様車は、move up!の4ドア車をベースに、内外装に特別なコーディネートを施したものである。ボディーカラーは「トルネードレッド」と「コーンフラワーブルー」の2色で、前者についてはインテリアのトリムやシートにアンスラサイトを採用。後者については、ブラックデニムとベージュのツートンカラーとしている。

また、新しいデザインの15インチアルミホイールとレザーステアリングホイール、レザーハンドブレーキグリップなどを標準装備としている。

販売台数は、ボディーカラーがトルネードレッドのものが300台、コーンフラワーブルーのものが200台。価格は179万9000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
up!フォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フォルクスワーゲンup! GTIコンセプトカー 2017.5.26 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年5月24日(現地時間)、南オーストリアのヴェルター湖畔で開催されている「GTIミーティング」で「up! GTIコンセプトカー」(3ドア)を公開した。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る