日産、商用EVのe-NV200をデリバリー開始

2014.10.30 自動車ニュース
「日産e-NV200」と、日産の片桐隆夫副社長(手前)、および追浜工場の高橋 徹工場長。
「日産e-NV200」と、日産の片桐隆夫副社長(手前)、および追浜工場の高橋 徹工場長。

日産、商用EVの「e-NV200」をデリバリー開始

日産自動車は2014年10月30日、神奈川の追浜工場において、同日発売した商用の電気自動車(EV)「e-NV200」の出荷式を行った。

「日産e-NV200」
「日産e-NV200」
片桐隆夫副社長は、日産の日本国内販売を担当している。
片桐隆夫副社長は、日産の日本国内販売を担当している。
追浜工場の検査ラインに並ぶ「e-NV200」。
追浜工場の検査ラインに並ぶ「e-NV200」。

e-NV200は「日産NV200バネット」をベースとしたワンボックスタイプの商用EVである。すでに欧州15カ国に導入されており、今回発売された日本仕様については、2014年6月に詳細が発表された。同社がグローバルに販売するEVとしては「リーフ」に続く2車種目、商用EVとしては初のモデルである。生産はスペインのバルセロナ工場で行われ、日本向けの車両は追浜工場で最終的な品質チェックを受けた後、全国に出荷される。

式典ではまず追浜工場の高橋 徹工場長がステージに立ち、「世界に先駆けてリーフの生産を開始した追浜工場は、いわばEVのマザー工場。バルセロナで生産されたe-NV200も責任を持ってお客さまに届けたい」とあいさつ。続いて登壇した日産の片桐隆夫副社長は、「このクルマが日本中を走り回り、新しい価値を提供し、お客さまの満足に貢献するとともに、当社が掲げているゼロ・エミッションモビリティーの実現に寄与することを強く期待している」と述べた。

e-NV200の目標販売台数は月間500台。これまでに450台強の予約を受けており、そのうちの約6割が法人となっている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

e-NV200の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産NV200バネット(FF/4AT)【試乗記】 2009.6.3 試乗記 日産NV200バネット(FF/4AT)
    ……186万3750円


    2009年5月に発表された「NV200バネット」。その特徴は、かなり個性的なデザインと、抜群の機能性がマッチしていること。クルマを道具として使い倒したいユーザー必見のニューモデルだ。
  • 「日産NV200バネット ワゴン」に新グレード 2014.9.3 自動車ニュース 日産が「NV200バネット ワゴン」の仕様を変更。上級グレードを追加設定した。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • スバルの7シーター「クロスオーバー7」にレジャーで役立つ特別仕様車 2017.3.13 自動車ニュース スバルが「クロスオーバー7」の外装色を変更。同時に特別仕様車「X-BREAK」を設定した。ダッシュボードの装飾パネルやサイドクラッディングなどでデコレートされた内外装が特徴で、はっ水シートやリバーシブルカーゴフロアボードなどが装備される。
ホームへ戻る