第262回:フレンドリーな空気の中で手に汗握るレースを堪能
世界ツーリングカー選手権 観戦記

2014.11.01 エッセイ

街で見かけるあのクルマがサーキットを激走

「ハコ」という言葉を聞いて、クルマ好きのなかには「箱形自動車」(車検証に「箱型」と記載される、セダンやハッチバックのこと)を連想する人がいるのではないだろうか。さらにモータースポーツに詳しい読者なら、ツーリングカーレースを思い浮かべるはず。ふだん見かけるクルマたちがサーキットを走る親しみやすいレースとして、世界各地で親しまれているのだから。
でもその身近さゆえか、ツーリングカーレースは国や地域ごとのイベントだけと思い込んでいる人も多いようだ。実際にはFIA(国際自動車連盟)主催の世界選手権がある。2005年に始まったWTCC(世界ツーリングカー選手権)だ。

WTCC以前にも国際格式のツーリングカーレースはあった。1987年の1年間だけ行われたWTC(和名は現在と同じ)だ。だから今日のWTCCはその復活版とも言える。日本では2008年から岡山国際サーキットで開催されるようになり、2011年に鈴鹿サーキット東コースに場所を移動。10月25日、26日に行われた2014年のレースでは、フルコースを使うことになった。

ツーリングカーレースに出られる車両は、昔なら「グループ1」や「グループ2」、近年では「グループA」などが一般的だった。現在のWTCCは、連続する12カ月間に2500台以上生産された量産車がベースの「スーパー2000」という規定で争われる。4ドアもしくは5ドアボディー、1.6リッター直噴ターボエンジン、二輪駆動などが主なレギュレーションだ。今年のルール改定ではエアリストリクター径の拡大によりエンジンのパワーがアップ。同時にワイドタイヤの装着が認められた。

WTCCはFIAが主催するツーリングカーレースの最高峰。約60kmという短距離で競われるスプリントレースである。
WTCCはFIAが主催するツーリングカーレースの最高峰。約60kmという短距離で競われるスプリントレースである。
10月25日に行われた予選中の、シトロエンチームの様子。
10月25日に行われた予選中の、シトロエンチームの様子。
タイヤのメンテナンスを行うシボレーのチームクルー。競技用のタイヤはヨコハマのワンメイクとなっている。
タイヤのメンテナンスを行うシボレーのチームクルー。競技用のタイヤはヨコハマのワンメイクとなっている。
予選の後には、同日発表、発売されたシトロエンの新型車「C4ピカソ」「グランドC4ピカソ」によるサーキットタクシーが行われた。
予選の後には、同日発表、発売されたシトロエンの新型車「C4ピカソ」「グランドC4ピカソ」によるサーキットタクシーが行われた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ