マツダ・デミオ13S(FF/6AT)

街乗りならおまかせ 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。

話題のディーゼル、安いか、高いか?

新型デミオについて語るなら、まずその値付けから入らねばなるまい。焦点はガソリン車とディーゼル車の価格差だ。

・デミオXD(ディーゼル):178万2000円(MT、ATとも)
・デミオ13C(ガソリン):135万円(MT、ATとも)

差は43万2000円。これは一見、かなり大きい。ただ、XDだけを見ると、「アクア」や「フィットハイブリッド」とほぼ同水準で、クリーンディーゼルがハイブリッドと同格のエコカーと捉えられている国内市場ではちょうどいい。

燃料代を比較しても、リッター20円ほど安い軽油の強みを生かせば、デミオのディーゼルとアクア/フィットハイブリッドは同レベル。街中での快適性(特に静粛性)では負けるが、加速はディーゼルの方がはるかに力強い。あとは日常志向かロングドライブ志向かで選べばいいわけで、この価格に抵抗感はない。
が、ディーゼル乗用車の販売比率が約5割という本場・ヨーロッパ市場では、ユーロ5規制の段階では、「ディーゼル車の価格はガソリン車の約1割高」が相場だった。それを考えると、デミオXDの値付けはかなり高い。

ここ日本でも、43万2000円という価格差は決して小さくはない。JC08モード燃費はガソリン24.6km/リッター(6AT)、ディーゼル26.4km/リッター(同)と僅差。クリーンディーゼル対象のエコカー補助金を勘案しても、価格差を燃料代で取り返すのはほぼ不可能だ。デミオの初期受注の7割がディーゼルというのは、国内初の小排気量ディーゼルへの興味や、ディーゼルならではの力強い加速というメリットを重視してのものだろう。

2014年9月上旬に国内デビューをはたした、4代目「マツダ・デミオ」。同月下旬から、モデル別に順次発売されている。
2014年9月上旬に国内デビューをはたした、4代目「マツダ・デミオ」。同月下旬から、モデル別に順次発売されている。
インテリアの様子。デザインはもちろん、「自然なドライビングポジションが取れるペダルの形状と配置」ほか、機能に対するこだわりも盛り込まれている。
インテリアの様子。デザインはもちろん、「自然なドライビングポジションが取れるペダルの形状と配置」ほか、機能に対するこだわりも盛り込まれている。
ダッシュボード中央の7インチディスプレイ。ドライバーは、視線移動を最小限に抑えながら、カーナビやマルチメディアにアクセスできるとうたわれる。(写真をクリックすると、画面の表示バリエーションが見られます)
ダッシュボード中央の7インチディスプレイ。ドライバーは、視線移動を最小限に抑えながら、カーナビやマルチメディアにアクセスできるとうたわれる。(写真をクリックすると、画面の表示バリエーションが見られます)
上記ディスプレイ内の情報につながる、左右座席間のコマンダーコントロール。手元を見ることなく操作できるよう配慮されている。
上記ディスプレイ内の情報につながる、左右座席間のコマンダーコントロール。手元を見ることなく操作できるよう配慮されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る