マツダがアクセラハイブリッドの安全装備を強化

2014.10.30 自動車ニュース
「マツダ・アクセラハイブリッド」の安全装備が強化された。写真は「HYBRID-S Lパッケージ」。
「マツダ・アクセラハイブリッド」の安全装備が強化された。写真は「HYBRID-S Lパッケージ」。

マツダが「アクセラハイブリッド」の安全装備を強化

マツダは2014年10月30日、「アクセラ」のハイブリッド車に一部改良を施した。発売は11月20日。

 

■衝突被害軽減ブレーキをハイブリッド全機種で標準化

今回の改良によって、アクセラのハイブリッド車の全機種で、低速走行時の衝突被害をブレーキの自動制御で回避または軽減する「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)&AT誤発進抑制制御」が標準装備とされた。衝突被害軽減ブレーキがハイブリッド車の全機種で標準装備化されるのは、日本のメーカーでは今回が初めてという。

一部改良の内容は以下のとおり。

・「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)&AT誤発進抑制制御」を標準装備化。(ハイブリッド全機種が対象)
・215/45R18 89Wタイヤ、および18インチ×7Jアルミホイールを標準装備化。(「HYBRID-S Lパッケージ」が対象※)
・「ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)」と「車線逸脱警報システム(LDWS)」を標準装備化。(HYBRID-S Lパッケージが対象※)
・「自動防眩(ぼうげん)ルームミラー」と「クルーズコントロール」を標準装備化。(「HYBRID-C」が対象)
※=「HYBRID-S」ではメーカーセットオプションとして選択可能。

価格はHYBRID-Cが247万3200円、HYBRID-Sが258万6600円、HYBRID-S Lパッケージが281万3400円。

(webCG)

関連キーワード:
アクセラハイブリッドマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【東京モーターショー2017】フォルクスワーゲン、「パサート」のディーゼルモデルを日本に導入 2017.10.11 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は2017年10月11日、「パサート/パサートヴァリアント」のディーゼルエンジン搭載モデル「2.0 TDI」を日本市場に導入すると発表した。2018年初めの発売を予定している。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記 マツダのコンパクトSUV「CX-3」に追加された、ガソリンエンジン搭載モデルに試乗。マツダらしい実直さや、スポーティーな走り、そして手ごろな価格設定と、さまざまな魅力を併せ持つこのクルマに欠けているものとは?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記
  • 「マツダ・アクセラ」の先進安全装備が充実 2017.8.24 自動車ニュース