ルノー・メガーヌ ハッチバックGTライン(FF/6AT)

「らしさ」は健在 2014.11.03 試乗記 ルノースポールがちょっとだけスポーティーに仕立てた「メガーヌ GTライン」がマイナーチェンジを受けた。1.2リッター直4ターボエンジンと6段DCTを得た新型の走りはどう進化した? ハッチバック仕様に試乗した。

ルノー本来の味わいが残る

日本のルノーファンにとって、「メガーヌ」といえばまずは「R.S.」だろう。ニュルブルクリンクの北コース、ノルドシュライフェで量産の前輪駆動車としては最速となる8分7秒97をマークしたメガーヌ ルノースポールは最高出力265psを発生する4気筒2リッターターボを搭載。そのダイレクトでありながら懐の深いハンドリングは多くのファンを魅了してきた。

けれども、私にはR.S.以上に強く引かれるメガーヌがあった。その名は「メガーヌ エステートGTライン」。このモデルもルノースポールの作品とされるが、レースカーを頂点とする同社のモデルラインナップのなかではR.S.、そして「GT220」に続く最もベーシックな位置付けとなっている。いわば、スタンダードなルノーにちょっとだけスポーティーなお化粧直しをした程度の仕様なのだが、それだけにルノーの魅力がぎゅっと凝縮されており、私はまたたく間にそのトリコになってしまった。

なにが素晴らしいって、いかにもフランス車らしいたっぷりとしたホイールストロークを有するサスペンションの設定が素晴らしい。スプリングはやや柔らかめながら、上質なダンパーと組み合わせることでロードホールディング性はバツグン。どこまでコーナーを攻めても路面のギャップでクルマが横っ飛びすることがなく、実に安定したフォームに終始するのだ。

しかもフラットな姿勢を崩さないソフトめの乗り心地は快適そのもの。日産のMR20DE型エンジンを源流とするM4R型(4気筒自然吸気2リッターで140psを発生)と6段マニュアルモード付きCVTに個性がなくやや物足りなかったことを除けば、スペースユーティリティー、そして278万円の価格(2012年12月の発売時)含め、私の理想に限りなく近いCセグメントワゴンだったのである。

「GTライン」はスポーティーなベーシックグレード。「GT220」に続き、今回“ビッグマイナー”を受けた。
「GTライン」はスポーティーなベーシックグレード。「GT220」に続き、今回“ビッグマイナー”を受けた。
ダッシュボード上を横方向に走る赤いラインが目を引く。ステアリングにも赤いステッチが施されている。
ダッシュボード上を横方向に走る赤いラインが目を引く。ステアリングにも赤いステッチが施されている。
エンジンは従来の2リッター直4自然吸気(140ps、19.9kgm)から、1.2リッター直4ターボ(132ps、20.9kgm)に改められた。アイドリングストップ機構は装備されない。
エンジンは従来の2リッター直4自然吸気(140ps、19.9kgm)から、1.2リッター直4ターボ(132ps、20.9kgm)に改められた。アイドリングストップ機構は装備されない。
試乗車のボディーカラーは「ルージュ・ディナ・メタリック」。その他、白、青、グレー、黒(すべてメタリック)の計5色が用意される。
試乗車のボディーカラーは「ルージュ・ディナ・メタリック」。その他、白、青、グレー、黒(すべてメタリック)の計5色が用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る