第263回:海でもFUN TO DRIVE!?
トヨタの新型プレジャーボート「PONAM-31」に試乗した

2014.11.07 エッセイ

2014年10月に東京・天王洲のクリスタルヨットクラブで開催された、トヨタの新型プレジャーボート「PONAM-31(ポーナム31)」の記者発表&試乗会に参加した。

知名度とポテンシャルのギャップ

「トヨタがプレジャーボートを作っているの? 聞いたことがないなあ」
この言葉を何度聞いたことだろうか。今年6月の、とある日。佐世保の街でのことである。商店街で出会った人たちに「観光ですか?」と聞かれ、「明日、トヨタのプレジャーボートで小値賀島まで行くんです」と答えると、佐世保の人たちは一様に首をかしげた。

「トヨタは1997年からプレジャーボートを作ってます。もう17年の歴史があります」。そして「佐世保に九十九島があるのが知られていないのと同じですよ」と説明すると妙に納得された。「それはぜひ一度乗ってみたいね」と。

軍港や佐世保バーガーが全国的に知られている佐世保だが、観光地としての知名度はさほど高くない。佐世保港の西の半島から北へ25kmの海域に点在する208の島々からなる九十九島は潮の干満や日差し、天候、季節によって変化し、ハリウッド映画『ラストサムライ』で島国日本を代表する原風景としてオープニングの映像にされた神秘的で詩情あふれる絶景の地。さらに平戸島から五島列島へと続くエリアは西海国立公園に指定され、同時に豊かな漁場となっている。また、隠れキリシタンの島としての歴史を持つ黒島(佐世保市)、野崎島(小値賀町)もこの海にある。

夕暮れとともに神秘的に変化してく九十九島。映画『ラストサムライ』のオープニングにも使用された。
夕暮れとともに神秘的に変化してく九十九島。映画『ラストサムライ』のオープニングにも使用された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ