第11回:八王子城跡と城山トレッキング(その2)
高尾山よりも本格的!?

2014.11.20 エッセイ

 バリバリ登山の山

八王子城山といえば、オオタカ、なのである。

レッドデータブックに絶滅危惧II類(注)とあるオオタカについて、その昔、といっても18年前でしかないけれど、「八王子城山で営巣木が発見された」という話があったのを、何かで読んだか聞いたかした覚えがある。
けれど、八王子城山のオオタカ、いまは残念ながら、なのである。

さて、八王子城である。

八王子城は山城である。
「城」と聞けば、一般的に思い浮かべるのは姫路城とか大坂城とか、大きな天守閣のある、そして、平地にある城だろうけれど、八王子城は、山岳地にありながらも領主の居館や家臣たちの住まいを備えた、戦国時代後期の代表的な山城だった。

標高こそ600mにも満たなくて高尾山よりも低いとはいえ、標高451mの地点にある本丸跡までの道は、まさに登山道そのものである。

年間250万人以上の人が登る大人気の高尾山、山をなめた格好の人も多く見かけるが、この八王子城山の登山道では、そうはいかない。低山なのに勾配変化は大きいし、アップダウンもキツくて、途中で出会う人たちは、みな本格装備の登山者ばかり。実際に現場を歩いてみて私も初めて知った。

八王子城山、ここは、売店も自販機もないバリバリ登山の山だ、と。

一部に杉やひのきの人工林もあったけれど、基本、この山も高尾山と同様、植生が豊富で、さまざまな種類の木で全山が覆われている。東向きの斜面を歩きだすと眼下に八王子の市街地が広がっていた。
おお、あっちが八王子の市街地だとすると、では奥多摩は左の方向か? と景色を眺めている私の視線の先で、「ガサガサッ」という音を伴って木々が大きく揺れた。

獣だッ!!

怖がりだから、山では、この種の音に敏感に反応する私なのである。
近くに獣がいるのは確かにわかったが、その正体は?



本丸跡へ向かう途中の景色。八王子市街地から東京都心部まで見渡せる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。