マクラーレンがサーキット専用P1 GTRを公開

2014.11.01 自動車ニュース
「マクラーレンP1 GTR」のデザインコンセプトカー。
「マクラーレンP1 GTR」のデザインコンセプトカー。

マクラーレンがサーキット専用「P1 GTR」を公開

マクラーレン・オートモーティブは2014年10月31日、サーキット専用モデル「マクラーレンP1 GTR」のデザインコンセプトカーを日本で初公開した。


マクラーレンがサーキット専用P1 GTRを公開の画像
日本初公開に際し、「マクラーレンP1」のプログラム・ディレクター、ポール・マッケンジー氏が来日した。
日本初公開に際し、「マクラーレンP1」のプログラム・ディレクター、ポール・マッケンジー氏が来日した。

■価格は約3億5000万円

ロードモデルの「マクラーレンP1」をベースとし、サーキット専用モデルに仕立てた。空力性能やパワーユニット出力を強化し(エンジン800ps、モーター200psの合計1000ps)、F1スタイルのステアリングホイールを装着するなど、サーキット向けにさまざまな改良を加えた。30台から35台の限定生産を予定しており、マクラーレンP1(完売)を購入した顧客だけに販売される。

価格は約3億5000万円(198万英ポンド)。この価格には車両だけでなく、レーシングドライバー向けトレーニングやドライビングシミュレーター体験、サーキット走行イベントへの参加権などが含まれている。

この走行イベントはマクラーレンP1 GTR購入者だけが参加できるもので、F1グランプリが開催されたサーキットを使用する予定。2015年9月から2016年12月までに10回開催され、購入者にはその中から6回に参加できる権利が与えられるという。

(webCG)

→「マクラーレンP1 GTR」の詳しい写真はこちら。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「マクラーレンP1 GTR」を写真で紹介 2014.10.31 画像・写真 「マクラーレンP1 GTR」が日本で初公開された。その姿を写真で紹介する。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】NEW 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ポルシェ911 GT2 RS/911ターボSエクスクルーシブシリーズ 2017.7.3 画像・写真 独ポルシェはイギリスで開催されたモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」(開催期間:2017年6月30日~7月2日)で「911 GT2 RS」を発表した。その姿を画像で紹介する。
  • 第48回:これは凄いぞ赤い玉号 2017.7.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第48回は「これは凄いぞ赤い玉号」。無敵の「フェラーリ458イタリア」を手放し、31年前の「328GTS」を購入した筆者。あえてパフォーマンスを落とすことで得られた新たなヨロコビとは? 
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
ホームへ戻る