MINIクーパー 5ドア(FF/6AT)

強い個性はそのままに 2014.11.06 試乗記 便利になってもやっぱり「MINI」? ハッチバックモデルに新たに加わった「MINI 5ドア」の走りの実力と、気になる後席の実用性を試す。

「便利なMINI」と言われても……

試乗会会場で初めて見たMINIの5ドアの第一印象は、ぬかみそ臭くなったなぁ、というものだった。生活感が出た。3ドアのMINIが炊事とか掃除をしている姿は想像できないけれど、5ドアのMINIは毎日、ぬか床をひっくり返していそうだ。

そもそも車は家事なんてしない、という突っ込みはごもっともです。でも、普段の生活からすぱっと切り離されて、デザインやゴーカートフィーリングとかの非日常を味わえるところがMINIの良さだと思っていた。だから、5ドアだから後席へのアクセスがよくなりましたとか、荷物が載るようになりましたとか、そんな当たり前の便利さが加わってもなぁ、と鼻白む思いがあるのも事実だ。

MINIはちょっと不便だからこそかっこいいのではないか、という感情論はひとまずおいといて、この春にフルモデルチェンジを受けたMINIに加わった5ドアモデルは、1.5リッターの3気筒ターボを積む「クーパー」と、2リッターの4気筒ターボを積む「クーパーS」の2グレード展開となる。どちらもトランスミッションは6段ATで、3ドアには用意される6段MTの設定はない。

今回試乗したのは、298万円の「MINIクーパー 5ドア」。ただし衝突回避・被害軽減ブレーキ機能やアクティブ・クルーズコントロールなどの安全装備を含むドライビングアシスト(11万4000円)や、電動パノラマ・ガラスサンルーフ(14万円)など、総額167万5000円(!)のオプションてんこ盛りの試乗車の価格は465万5000円。実際に買う時にここまでオプションを装着することはないにしても、いいお値段だ。

と、ああだ、こうだ言いつつ走りだすと、MINIそのものだった。3ドアと変わらない。大体において、運転席に座って前を向いて運転している限り、増えた2枚のドアは見えない。

2014年6月に本国で発表され、同年10月に日本で発売された「MINI 5ドア」。3ドアモデルと比べると、全長が165mm、ホイールベースが70mm長くなっている。
2014年6月に本国で発表され、同年10月に日本で発売された「MINI 5ドア」。3ドアモデルと比べると、全長が165mm、ホイールベースが70mm長くなっている。
インテリアの意匠は基本的に3ドアモデルと共通。イグニッションスイッチはインストゥルメントパネルの中央部に、パワーウィンドウのスイッチはドアコンソールに備わる。
インテリアの意匠は基本的に3ドアモデルと共通。イグニッションスイッチはインストゥルメントパネルの中央部に、パワーウィンドウのスイッチはドアコンソールに備わる。
トランスミッションは「クーパー」「クーパーS」ともに6段ATのみで、3ドアには設定のある6段MTは用意されない。
トランスミッションは「クーパー」「クーパーS」ともに6段ATのみで、3ドアには設定のある6段MTは用意されない。
ステアリングコラム上に設置された速度計とエンジン回転計。チルト機構でステアリングホイールの角度を調整すると、メーターもそれに合わせて上下に動く。
ステアリングコラム上に設置された速度計とエンジン回転計。チルト機構でステアリングホイールの角度を調整すると、メーターもそれに合わせて上下に動く。
 
MINIクーパー 5ドア(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 5ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る