MINIクーパー 5ドア(FF/6AT)

強い個性はそのままに 2014.11.06 試乗記 便利になってもやっぱり「MINI」? ハッチバックモデルに新たに加わった「MINI 5ドア」の走りの実力と、気になる後席の実用性を試す。

「便利なMINI」と言われても……

試乗会会場で初めて見たMINIの5ドアの第一印象は、ぬかみそ臭くなったなぁ、というものだった。生活感が出た。3ドアのMINIが炊事とか掃除をしている姿は想像できないけれど、5ドアのMINIは毎日、ぬか床をひっくり返していそうだ。

そもそも車は家事なんてしない、という突っ込みはごもっともです。でも、普段の生活からすぱっと切り離されて、デザインやゴーカートフィーリングとかの非日常を味わえるところがMINIの良さだと思っていた。だから、5ドアだから後席へのアクセスがよくなりましたとか、荷物が載るようになりましたとか、そんな当たり前の便利さが加わってもなぁ、と鼻白む思いがあるのも事実だ。

MINIはちょっと不便だからこそかっこいいのではないか、という感情論はひとまずおいといて、この春にフルモデルチェンジを受けたMINIに加わった5ドアモデルは、1.5リッターの3気筒ターボを積む「クーパー」と、2リッターの4気筒ターボを積む「クーパーS」の2グレード展開となる。どちらもトランスミッションは6段ATで、3ドアには用意される6段MTの設定はない。

今回試乗したのは、298万円の「MINIクーパー 5ドア」。ただし衝突回避・被害軽減ブレーキ機能やアクティブ・クルーズコントロールなどの安全装備を含むドライビングアシスト(11万4000円)や、電動パノラマ・ガラスサンルーフ(14万円)など、総額167万5000円(!)のオプションてんこ盛りの試乗車の価格は465万5000円。実際に買う時にここまでオプションを装着することはないにしても、いいお値段だ。

と、ああだ、こうだ言いつつ走りだすと、MINIそのものだった。3ドアと変わらない。大体において、運転席に座って前を向いて運転している限り、増えた2枚のドアは見えない。

2014年6月に本国で発表され、同年10月に日本で発売された「MINI 5ドア」。3ドアモデルと比べると、全長が165mm、ホイールベースが70mm長くなっている。
2014年6月に本国で発表され、同年10月に日本で発売された「MINI 5ドア」。3ドアモデルと比べると、全長が165mm、ホイールベースが70mm長くなっている。
インテリアの意匠は基本的に3ドアモデルと共通。イグニッションスイッチはインストゥルメントパネルの中央部に、パワーウィンドウのスイッチはドアコンソールに備わる。
インテリアの意匠は基本的に3ドアモデルと共通。イグニッションスイッチはインストゥルメントパネルの中央部に、パワーウィンドウのスイッチはドアコンソールに備わる。
トランスミッションは「クーパー」「クーパーS」ともに6段ATのみで、3ドアには設定のある6段MTは用意されない。
トランスミッションは「クーパー」「クーパーS」ともに6段ATのみで、3ドアには設定のある6段MTは用意されない。
ステアリングコラム上に設置された速度計とエンジン回転計。チルト機構でステアリングホイールの角度を調整すると、メーターもそれに合わせて上下に動く。
ステアリングコラム上に設置された速度計とエンジン回転計。チルト機構でステアリングホイールの角度を調整すると、メーターもそれに合わせて上下に動く。
 
MINIクーパー 5ドア(FF/6AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • MINIクーパーS(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.30 試乗記 より大きく、力強く、かつ効率的に生まれ変わった「MINI」。持ち前のゴーカートフィーリングは健在だが、この新型では“何か”が、旧型とは根本的に違っていた。その何かとは……。高性能仕様「クーパーS」で箱根を目指した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
ホームへ戻る