シボレー・コルベットのATが8段に

2014.11.05 自動車ニュース
「シボレー・コルベット」のATが6段から8段へ変更される。
「シボレー・コルベット」のATが6段から8段へ変更される。

「シボレー・コルベット」のATが8段に

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年11月4日、8段オートマチックトランスミッション(AT)を搭載する「シボレー・コルベット」の改良モデルを発表した。同年12月20日に販売を開始する。

8L90型8段AT。燃費と加速性能を改善するだけでなく、軽量でコンパクトなのも自慢。
8L90型8段AT。燃費と加速性能を改善するだけでなく、軽量でコンパクトなのも自慢。

■燃費と加速性能を改善

新たに開発されたシフトパドル付き8段AT(8L90型)は、走行性能と効率を改善させるだけでなく、デュアルクラッチ式トランスミッションに匹敵する変速レスポンスを備えているのが自慢。従来の6段ATと比較して、ギア比は1速がより低く(4.03→4.56)、トップギアはより高く(0.67→0.65)設定され、変速比幅は6.0から7.0に広げられた。

燃費は従来比3.5%向上の29mpg(米EPAのハイウェイモード。12.3km/リッターに相当)とされ、動力性能は0-60mph(96km/h)加速が0.1秒短縮の3.7秒へと改善された。フル加速時には「ポルシェ911」のデュアルクラッチトランスミッション「PDK」より100分の8秒、素早くシフトアップするという。

また、新型8段ATはコンパクトで軽量なのも特徴。従来と同じスペースに収めることができ、アルミとマグネシウムを多用して4kg以上の軽量化を果たした。

新価格は以下のとおり。8AT車は従来型の一律6万円高となる。7MT車の価格に変更はない。なお「コルベットZ51」と「コルベット コンバーチブルZ51」の販売は2015年2月に開始される予定。

・コルベット(7MT):918万2000円
・コルベット(8AT):935万円
・コルベットZ51(7MT):1088万2000円
・コルベットZ51(8AT):1105万円
・コルベット コンバーチブル(8AT):995万円
・コルベット コンバーチブルZ51(8AT):1165万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルベットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • 5台限定、「シボレー・コルベット」に青が魅力の限定モデル 2017.4.5 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」に5台限定の特別仕様車「グランスポーツ アドミラルブルー ヘリテージ」が登場。量販モデルに初めて高性能モデルの「グランスポーツ」が設定されたときと同じく、ボディーカラーには「アドミラルブルー」が用いられている。
ホームへ戻る