クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

レクサスRC 開発者インタビュー

枠を外した。カッコよくなった! 2014.11.06 試乗記 Lexus International
製品企画 主査
草間栄一(くさま えいいち)さん

レクサスのイメージを変える! そんなミッションを背負った新型クーペ「RC」は、どのようにして生み出されたのか? チーフエンジニアに話を聞いた。

デザイナーが自信を持てるパッケージ

並べられた「レクサスRC」をひと目見て、おやおや、と思った。妙にカッコいいのである。喜ばしいことではあるが、レクサスブランドでは久しぶりの2ドアクーペの登場ということで、少しばかり点が甘くなっているかもしれない。気を引き締めなおして、開発エンジニアのインタビューに臨んだ。

実はこのクルマ、「IS」と「GS」の間にクーペを作りたいからお前やれと言われて、2カ月半くらいで大体のパッケージとかサイズ感は決まっちゃったんですよ。1年くらいかけることもありますから、これは相当早いんです。

RCのコンセプトとして「見るものを魅了し、誘惑する“Sexy”なデザイン」というトンガッたコピーが使われているが、草間さんはどちらかというと“のび太顔”であったかいお父さん系の人だ。どうやってイメージを作り上げていったのだろう。

早くサイズ感を決められたのは、こうすればカッコよくなるということがわかっていたからなんですよ。全幅を広くとって、キャビンはあまり大きくしない。車高は下げて、とにかく1400mmは切りたいよねと……、実際はギリギリの1395mmなんです。そして、ホイールベースも全長も短くする。そうすれば、カッコいいのが作れるんじゃないかと、すんなり決まったわけです。

――デザイナーが突っ走って、かなり自由にやっちゃったのでは?

というより、自然にこうなったんです。サイズ感を決めると、デザイン部門から「これならできるよ!」と言われました。デザインの方向性に、極めて理想的な寸法になっている、と。デザイナーが自信を持てるパッケージだったんです。

「いままでのレクサスにはなかった、新たな個性」と形容される、新型クーペ「RC」。2014年10月末に発売された。
「いままでのレクサスにはなかった、新たな個性」と形容される、新型クーペ「RC」。2014年10月末に発売された。
    拡大
サイドビュー。セダン「IS」と比べると、全高は35mm低く、ホイールベースは70mm短くなっている。
サイドビュー。セダン「IS」と比べると、全高は35mm低く、ホイールベースは70mm短くなっている。
    拡大
ランプを含むリアまわりの形状は、空力を強く意識してデザインしたものだという。
ランプを含むリアまわりの形状は、空力を強く意識してデザインしたものだという。
    拡大
<プロフィール>
1983年入社。2003年までシャシー設計にて「スープラ」をはじめとするスポーツカーのサスペンション開発などを担当。ヨーロッパ駐在を経て、製品企画室で「マークX」や「レクサスHS250h」などの企画を手がけた。
<プロフィール>
    1983年入社。2003年までシャシー設計にて「スープラ」をはじめとするスポーツカーのサスペンション開発などを担当。ヨーロッパ駐在を経て、製品企画室で「マークX」や「レクサスHS250h」などの企画を手がけた。
    拡大

図に乗って60mmはみ出した

――市販モデルになると、最初のデザインから相当違ってしまうことも多いですよね。

それが、今回はほとんど変わってないんですよ。なにしろ、イメージスケッチじゃなくて、最初からいきなり1分の1のクレイモデルを作っちゃいましたから(笑)。

――クレイモデルをそのままの形で生産するのは大変では?

そこは、ものすごく協力してもらいました。社内の生産部門で要件が決まっていて、本当はその中で作らなければならないんです。でも、実はISの時に30mmほど逸脱していました。それで図に乗って(笑)、今回は60mmはみ出しちゃったんですね。社内的には、ものすごくハードルの高いことなんですよ。このクルマには、みんな協力してくれたんです。じゃあちょっと型を作らせてくれ、ということで何度もトライして。最終的に、「いいよ、やるよ」と。

――コストがかかるんですか?

コストというより、量産技術のプラスアルファが必要になってくるんです。おかげで、リアのホイールアーチの張りが、このセグメントのほかのクルマにはないと思うんですよね。ひとケタ違う価格のクルマの造形じゃないかな、と僕は思うんです。

新しいボディーカラー「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」についても、営業から工場まで社内外の担当者の協力なしでは量産化は難しかったという。

こんなことって、会社人生で初めてです。なぜ「やろうぜ!」と一致できたのかというと、みんなが欲しいと思ったからですよ。こういうものを作りたい! という思いが、みんなの中にあったんでしょう。

たくさんの担当者を“協力したい”という気にさせたのは、草間さんの柔らかな“のび太顔”も功を奏したに違いない。そんなことを考えていたら、つい、ちょっと失礼なことを口走ってしまった……。

フロントまわりは、大きな“スピンドルグリル”やL字型の3連フルLEDヘッドランプなどでレクサスならではの個性が表現される。
フロントまわりは、大きな“スピンドルグリル”やL字型の3連フルLEDヘッドランプなどでレクサスならではの個性が表現される。
    拡大
新開発色「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」の個体。独自の5層コートにより、鮮やかさと深い陰影が得られるという。
新開発色「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」の個体。独自の5層コートにより、鮮やかさと深い陰影が得られるという。
    拡大
「RC」のボディーカラーは、3種の新色を含む計10色が用意される。
「RC」のボディーカラーは、3種の新色を含む計10色が用意される。
    拡大
質感にこだわりを見せるインテリア。センターコンソールには、アナログ式のクロックやリモートタッチ、走行モード選択スイッチなど、レクサス車おなじみの装備がレイアウトされる。
質感にこだわりを見せるインテリア。センターコンソールには、アナログ式のクロックやリモートタッチ、走行モード選択スイッチなど、レクサス車おなじみの装備がレイアウトされる。
    拡大

もともとポテンシャルはあった

――みんなでカッコいいものを作ろうという意思統一ができたというのは、三河の会社の今までのイメージとは違いますね。

……いや、そう言ってもらえるのはうれしいですよ(苦笑)。カッコいいものを作れと指示されて、そのとおりに旗を振っただけなんです。だから、もともとポテンシャルはあったんですよ。悪者にするわけじゃないんですが、量産技術には標準化ということが必要で、それで諦めなければならないことも出てくるんです。でも、カッコいいものを作るために、このクルマでは今までの枠を外したんです。

――枠というのは、何か明文化されたものがあったんですか?

決まり事もありますが、なんとなく共有されていた枠があるんです。でも、これまで社内的には常識だよねとなっていたところの枠を、今回は外しました。ユーティリティーを気にするのはやめようとか、これまででは考えられないですよね。見た目だけじゃなく、走りに関しても同じです。このクルマは、FRとして楽しい走りができるのなら、チューニングも枠を外そうということでやりました。

――「乗るものを情熱的にさせるAgile(俊敏)な走り」とうたっていますが、具体的にはどういうことなんでしょう。

リアステアのLDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)を採用していて、ハードのデバイスはGSから持ってきています。でも、走ってもらえれば明確に違うことがわかります。走りをイメージさせるクーペで、しかもリアが張り出しています。だから、味付けもよりリアを踏ん張らせて回頭性をよくしました。

――エレガントさも強調していますね。

ドレスアップして乗ろうという時も、このデザインなら合うと思いますよ。通勤にも使えるし、友だちにサーキットに誘われればついていって速く走れちゃう。俊敏でありながら、安心してコーナーを抜けていくことができるんです。大きなことを言えば、このクルマを所有していただくと、ライフスタイルも変わるんじゃないかと思うんですよ。

スポーティーグレード“Fスポーツ”のメーター。スーパースポーツ「LFA」を源流とするデザイン(アニメーション表示)が採用されている。
スポーティーグレード“Fスポーツ”のメーター。スーパースポーツ「LFA」を源流とするデザイン(アニメーション表示)が採用されている。
    拡大
インテリアカラーは全部で5タイプ。写真は「ムーンストーン」と呼ばれる白系のもの。
インテリアカラーは全部で5タイプ。写真は「ムーンストーン」と呼ばれる白系のもの。
    拡大
「レクサスRC」には、3.5リッターV6エンジン搭載車のほか、ハイブリッドモデル(写真)もラインナップされる。
「レクサスRC」には、3.5リッターV6エンジン搭載車のほか、ハイブリッドモデル(写真)もラインナップされる。
    拡大
“Fスポーツ”に与えられる、専用デザインの19インチアルミホイール。
“Fスポーツ”に与えられる、専用デザインの19インチアルミホイール。
    拡大

社内のルールは破ってもいい

――レクサスには1989年から積み上げてきたものがありますから、枠を外すというのは不安もありませんか?

レクサスのイメージを変えるというのも、今回の大きなミッションなんです。だから、考え方から変えなくてはいけないんですよ。プロジェクトが始まった頃、各部署のリーダーを集めた会議でひとつクイズを出したんです。スタンフォード大学の教授が作った図形パズルで、固定観念にとらわれていては絶対に解けない問題なんですね。楽しくていいクルマを作ろうと思ったら、枠を外さなければいけないよね、ということを伝えたかったんです。これで意思統一ができて、仕事がしやすくなりました。

――レクサスらしさ、というのも変わったんでしょうか?

キーワードは、枠外しですから。言ってしまえば、GSまでは社内のルールに基づいてやっていたということなんです。でも、社内の話ですから。社外のルールは守らなければいけませんが、極端な話、社内のルールは破ってもいいんです!

――「もっといいクルマを作ろうよ!」って言われていますもんね。

そうです。社長のそのかけ声は、たぶんこのクルマのアクセルになっていると思います。

――「いいクルマ」というのを、勝手に解釈していいんですか?

それぞれの思う“いいクルマ”が、かなり許容されると思っています。社員はみんなそう思っているはずです。社長はもしかすると「違うよ……」と言うかもしれませんが(笑)、みんなそう思っています。

“のび太顔”だと思って油断していたら、草間さんは結構したたかだった。ただ、結果的にいいものができれば、誰も文句なんて言わない。次はどんな“枠外し”をやってのけるか、期待していますよ!

(インタビューとまとめ=鈴木真人/写真=峰 昌宏)

「RC350“Fスポーツ”」。この角度から見ると、草間さんが「ひとケタ違う価格のクルマの造形」と胸を張る、フェンダーの形状がよくわかる。
「RC350“Fスポーツ”」。この角度から見ると、草間さんが「ひとケタ違う価格のクルマの造形」と胸を張る、フェンダーの形状がよくわかる。
    拡大
後席の様子。定員はご覧の通り2人で、ガソリン車、ハイブリッド車ともに背もたれは6:4の分割可倒式となっている。
後席の様子。定員はご覧の通り2人で、ガソリン車、ハイブリッド車ともに背もたれは6:4の分割可倒式となっている。
    拡大

荷室。床下にバッテリーが置かれるハイブリッドモデル(写真)の場合、9.5インチのゴルフバッグが2個収納できる。


    荷室。床下にバッテリーが置かれるハイブリッドモデル(写真)の場合、9.5インチのゴルフバッグが2個収納できる。
    拡大

レクサスRC【開発者インタビュー】の画像 拡大

関連キーワード:
RCレクサス試乗記

あなたにおすすめの記事