第372回:【Movie】これが人生!?
「シトロエンCX」デビュー40周年記念ミーティング

2014.11.07 エッセイ

「CX」を愛する人たち

前回お伝えしたように、パリモーターショー2014が無事閉幕した。
その同じ会場で40年前の1974年、ある一台のモデルが彗星(すいせい)のごとくデビューを果たした。「シトロエンCX」である。
先代の「DS」以来19年ぶりに刷新したシトロエンのフラッグシップモデルは、その前衛的なスタイルと高速巡航性で「フランスが高級車を創ると、こうなる」ということを無言のうちに示していた。

動画でご覧いただくのは去る6月、大西洋に面した風光明媚(めいび)なリゾート地、ル・トレポールで「CXクラブ・ド・フランス」が催した、CXのデビュー40周年記念ミーティングの模様である。

その伝説とは裏腹に、CXはヨーロッパの中古車市場では、いまだ評価が定まっていない。なかには円換算したら、ひと桁万円で買える個体も欧州のネットオークションでは多々取引されている。
しかし“投資不適格”だからこそ、ファンたちは値上がりを期待するといった煩悩に支配されることなく、純粋にCXという創造物を愛している。

ところで、CXの特徴であるステアリングから手を離すと停止中でも直進状態に戻る機構は、フランスで「Diravi(ディラヴィ)」と呼ばれている。「Direction assistee a rappel asservi」(方向復元統制補助)の略だ。
このディラヴィ、CX乗りたちが口にすると、ボクには「C’est la vie(セラヴィ)」に聞こえてならない。セラヴィは「これが人生」を意味するフランス語である。両者がTV番組「タモリ倶楽部」の名物コーナー「空耳アワー」級の違いであることは百も承知だ。

彼らを観察してみよう。突然電装系の機嫌が悪くなっても、ドアを開閉するたび経年変化で不気味な異音がしても、そしてルーフの内装材が落ちてきても深く落ち込まない。代わりに、同好の士と、この特筆すべきフランス製プレステージカーが秘めたチャームポイントの数々について時間を忘れて語り合っている。

なんとおおらかで楽天的なこと。やはり「ディラヴィ」は、「セラヴィ」にしか聞こえない。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

■「シトロエンCX」デビュー40周年記念ミーティング(前編)

 

■「シトロエンCX」デビュー40周年記念ミーティング(後編)

 

(撮影と編集=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

フランス北西部ル・トレポールで催された「シトロエンCX」デビュー40周年記念ミーティング。2014年6月撮影。
フランス北西部ル・トレポールで催された「シトロエンCX」デビュー40周年記念ミーティング。2014年6月撮影。
フランスのほか、ドイツ、ベルギー、オランダ、スイス、オーストリア、そして遠くスペインなどからもファンたちが「CX」とともに参集した。
フランスのほか、ドイツ、ベルギー、オランダ、スイス、オーストリア、そして遠くスペインなどからもファンたちが「CX」とともに参集した。
デジュネ(昼食)の最中も、愛車の脇で「CX」談義は続く。メンバーのひとりは、「当時GTIターボは、欧州製高級車のなかで最速の一台だったんだよ」と、デザイン以外のCXの美点も強調した。
デジュネ(昼食)の最中も、愛車の脇で「CX」談義は続く。メンバーのひとりは、「当時GTIターボは、欧州製高級車のなかで最速の一台だったんだよ」と、デザイン以外のCXの美点も強調した。
「CX」は手頃な値段であることもあって、ヤングタイマー車を愛する若いファンも。マキシム君は20歳。「ソファが走りだしたようで、快適よ」とガールフレンドもご満悦。
「CX」は手頃な値段であることもあって、ヤングタイマー車を愛する若いファンも。マキシム君は20歳。「ソファが走りだしたようで、快適よ」とガールフレンドもご満悦。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。