VWゴルフに誕生40周年記念の限定車

2014.11.06 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフ エディション40」。ボディーカラーはライムストーングレーメタリック。
「フォルクスワーゲン・ゴルフ エディション40」。ボディーカラーはライムストーングレーメタリック。

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に誕生40周年記念の限定車

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年11月5日、「ゴルフ」の誕生40周年を記念した特別限定車「ゴルフ エディション40(フォーティー)」を発表した。合計1000台の限定販売で、同年11月8日に受注を開始する。(詳細な写真はこちら)

専用のアルカンターラ&ナパレザーシート。
専用のアルカンターラ&ナパレザーシート。
バイキセノンヘッドライト/ダイナミックコーナリングライトが標準で備わる。
バイキセノンヘッドライト/ダイナミックコーナリングライトが標準で備わる。
専用の17インチアルミホイール。
専用の17インチアルミホイール。
シートのバックレストにウォルフスブルグ市の紋章(写真)が型押しされる。同市にはフォルクスワーゲン本社と「ゴルフ」のマザーファクトリーがある。
シートのバックレストにウォルフスブルグ市の紋章(写真)が型押しされる。同市にはフォルクスワーゲン本社と「ゴルフ」のマザーファクトリーがある。

■上質感を強調

ベースモデルは1.4リッター直4ターボエンジンを搭載する「ゴルフTSIハイライン」。アルカンターラ&ナパレザー・スポーツシートなど、標準車より上質な専用装備を与えることで「特別なゴルフ」であることを強調している。

専用装備は以下のとおり。

<エクステリア>
・バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ付き)/ダイナミックコーナリングライト
・ヘッドライトウォッシャー
・ダークティンテッドガラス(リアゲート部と左右リア、UVカット機能付き)
・専用17インチアルミホイール

<インテリア>
・フォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム“Discover Pro“
・専用アルカンターラ&ナパレザーシート(前席シートヒーター付き、色はヴォルケーノブラウン。バックレスト上部にウォルフスブルグ市の紋章が型押しされる)
・レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付き+カラードステッチ)
・レザーシフトノブ(カラードステッチ)
・イルミネーション付きドアシルプレート
・ウッドデコラティブパネル(ダッシュボード、サイドドア)

ボディーカラーは、ライムストーングレーメタリック(専用色。限定400台)、ディープブラックパールエフェクト(限定200台)、オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト(6万4800円の有償オプション。限定400台)の計3色。車両本体価格は349万9000円。

(webCG)

→「フォルクスワーゲン・ゴルフ エディション40」の詳細な写真はこちら。

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI/R」にさらなる高性能モデル登場 2017.10.23 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年10月23日、「ゴルフGTI」および「ゴルフR」に特別仕様車「ゴルフGTIパフォーマンス」「ゴルフRパフォーマンス」をそれぞれ設定し、前者が500台、後者が100台の台数限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
ホームへ戻る