VWゴルフに誕生40周年記念の限定車

2014.11.06 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフ エディション40」。ボディーカラーはライムストーングレーメタリック。
「フォルクスワーゲン・ゴルフ エディション40」。ボディーカラーはライムストーングレーメタリック。

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に誕生40周年記念の限定車

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年11月5日、「ゴルフ」の誕生40周年を記念した特別限定車「ゴルフ エディション40(フォーティー)」を発表した。合計1000台の限定販売で、同年11月8日に受注を開始する。(詳細な写真はこちら)

専用のアルカンターラ&ナパレザーシート。
専用のアルカンターラ&ナパレザーシート。
バイキセノンヘッドライト/ダイナミックコーナリングライトが標準で備わる。
バイキセノンヘッドライト/ダイナミックコーナリングライトが標準で備わる。
専用の17インチアルミホイール。
専用の17インチアルミホイール。
シートのバックレストにウォルフスブルグ市の紋章(写真)が型押しされる。同市にはフォルクスワーゲン本社と「ゴルフ」のマザーファクトリーがある。
シートのバックレストにウォルフスブルグ市の紋章(写真)が型押しされる。同市にはフォルクスワーゲン本社と「ゴルフ」のマザーファクトリーがある。

■上質感を強調

ベースモデルは1.4リッター直4ターボエンジンを搭載する「ゴルフTSIハイライン」。アルカンターラ&ナパレザー・スポーツシートなど、標準車より上質な専用装備を与えることで「特別なゴルフ」であることを強調している。

専用装備は以下のとおり。

<エクステリア>
・バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ付き)/ダイナミックコーナリングライト
・ヘッドライトウォッシャー
・ダークティンテッドガラス(リアゲート部と左右リア、UVカット機能付き)
・専用17インチアルミホイール

<インテリア>
・フォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム“Discover Pro“
・専用アルカンターラ&ナパレザーシート(前席シートヒーター付き、色はヴォルケーノブラウン。バックレスト上部にウォルフスブルグ市の紋章が型押しされる)
・レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付き+カラードステッチ)
・レザーシフトノブ(カラードステッチ)
・イルミネーション付きドアシルプレート
・ウッドデコラティブパネル(ダッシュボード、サイドドア)

ボディーカラーは、ライムストーングレーメタリック(専用色。限定400台)、ディープブラックパールエフェクト(限定200台)、オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト(6万4800円の有償オプション。限定400台)の計3色。車両本体価格は349万9000円。

(webCG)

→「フォルクスワーゲン・ゴルフ エディション40」の詳細な写真はこちら。

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2013.7.7 試乗記 フルモデルチェンジで7世代目となった「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。このモデルには格別な思いがあるという巨匠 徳大寺有恒が、その仕上がりを吟味した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る