VWゴルフに誕生40周年記念の限定車

2014.11.06 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフ エディション40」。ボディーカラーはライムストーングレーメタリック。
「フォルクスワーゲン・ゴルフ エディション40」。ボディーカラーはライムストーングレーメタリック。

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に誕生40周年記念の限定車

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年11月5日、「ゴルフ」の誕生40周年を記念した特別限定車「ゴルフ エディション40(フォーティー)」を発表した。合計1000台の限定販売で、同年11月8日に受注を開始する。(詳細な写真はこちら)

専用のアルカンターラ&ナパレザーシート。
専用のアルカンターラ&ナパレザーシート。
バイキセノンヘッドライト/ダイナミックコーナリングライトが標準で備わる。
バイキセノンヘッドライト/ダイナミックコーナリングライトが標準で備わる。
専用の17インチアルミホイール。
専用の17インチアルミホイール。
シートのバックレストにウォルフスブルグ市の紋章(写真)が型押しされる。同市にはフォルクスワーゲン本社と「ゴルフ」のマザーファクトリーがある。
シートのバックレストにウォルフスブルグ市の紋章(写真)が型押しされる。同市にはフォルクスワーゲン本社と「ゴルフ」のマザーファクトリーがある。

■上質感を強調

ベースモデルは1.4リッター直4ターボエンジンを搭載する「ゴルフTSIハイライン」。アルカンターラ&ナパレザー・スポーツシートなど、標準車より上質な専用装備を与えることで「特別なゴルフ」であることを強調している。

専用装備は以下のとおり。

<エクステリア>
・バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ付き)/ダイナミックコーナリングライト
・ヘッドライトウォッシャー
・ダークティンテッドガラス(リアゲート部と左右リア、UVカット機能付き)
・専用17インチアルミホイール

<インテリア>
・フォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム“Discover Pro“
・専用アルカンターラ&ナパレザーシート(前席シートヒーター付き、色はヴォルケーノブラウン。バックレスト上部にウォルフスブルグ市の紋章が型押しされる)
・レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付き+カラードステッチ)
・レザーシフトノブ(カラードステッチ)
・イルミネーション付きドアシルプレート
・ウッドデコラティブパネル(ダッシュボード、サイドドア)

ボディーカラーは、ライムストーングレーメタリック(専用色。限定400台)、ディープブラックパールエフェクト(限定200台)、オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト(6万4800円の有償オプション。限定400台)の計3色。車両本体価格は349万9000円。

(webCG)

→「フォルクスワーゲン・ゴルフ エディション40」の詳細な写真はこちら。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る