燃費性能を改善した新VWクロスポロ発売

2014.11.06 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・クロスポロ」
「フォルクスワーゲン・クロスポロ」

フォルクスワーゲン、燃費性能を改善した「クロスポロ」を発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年11月6日、コンパクトハッチバック「ポロ」のラインナップに「クロスポロ」を設定し、発売した。

新色の「ハニーオレンジメタリック」。
新色の「ハニーオレンジメタリック」。
新色の「チタニウムベージュメタリック」。
新色の「チタニウムベージュメタリック」。
バイキセノンヘッドライトパッケージおよびACCパッケージオプション装着車のインテリア。
バイキセノンヘッドライトパッケージおよびACCパッケージオプション装着車のインテリア。
「クロスポロ」のシート。(写真をクリックするとカラーバリエーションが見られます)
「クロスポロ」のシート。(写真をクリックするとカラーバリエーションが見られます)

クロスポロは、ポロをベースに専用デザインのバンパーやホイールハウスエクステンションを装備するなど、内外装をSUV風にドレスアップしたモデルである。日本では2006年9月に先代のポロをベースとしたモデルの導入が開始され、現行の5代目をベースとしたものは2010年6月に発売されていた。

今回のモデルは、ベース車のポロを2014年8月にマイナーチェンジしたのに伴い、改良を施したものである。エンジンは「ポロTSIコンフォートライン」と同じ1.2リッター直4直噴ターボで、トランスミッションには7段DSGを搭載。今回初めてアイドリングストップ機構を採用したことで、従来モデルより約16%高い21.9km/リッターの燃費(JC08モード)を実現している。

ボディーカラーは新色2色を含む全5色の設定で、特に歴代クロスポロのテーマカラーであるオレンジに関しては、これまでのポップな色調から落ち着いたトーンの「ハニーオレンジメタリック」に変更した。

一方、インテリアはブラックを基調に、シートの座面や背もたれの内側、ドアトリムにアクセントカラーをあしらったもので、ボディーカラーがハニーオレンジメタリックまたは「チタニウムベージュメタリック」の場合はベージュ、「フラッシュレッド」の場合はレッド、「リフレックスシルバーメタリック」の場合はグレーを組み合わせている。

これらを含む、クロスポロ専用装備は以下の通り。
・フロント&リアバンパー
・ホイールハウスエクステンション
・シルバードアミラー
・シルバールーフレール
・ボディー色とカラーコーディネートされたファブリックシートとドアパネル(ベージュ、レッド、グレー)
・215/40R17タイヤ、7.5Jx17アルミホイール(10スポーク)

また、ベース車と同じくプリクラッシュブレーキシステムの「フロントアシストプラス」や「シティエマージェンシーブレーキ」「マルチコリジョンブレーキシステム」を標準で採用するなど、充実した安全装備も同車の特徴となっている。

価格は275万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る