燃費性能を改善した新VWクロスポロ発売

2014.11.06 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・クロスポロ」
「フォルクスワーゲン・クロスポロ」

フォルクスワーゲン、燃費性能を改善した「クロスポロ」を発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年11月6日、コンパクトハッチバック「ポロ」のラインナップに「クロスポロ」を設定し、発売した。

新色の「ハニーオレンジメタリック」。
新色の「ハニーオレンジメタリック」。
新色の「チタニウムベージュメタリック」。
新色の「チタニウムベージュメタリック」。
バイキセノンヘッドライトパッケージおよびACCパッケージオプション装着車のインテリア。
バイキセノンヘッドライトパッケージおよびACCパッケージオプション装着車のインテリア。
「クロスポロ」のシート。(写真をクリックするとカラーバリエーションが見られます)
「クロスポロ」のシート。(写真をクリックするとカラーバリエーションが見られます)

クロスポロは、ポロをベースに専用デザインのバンパーやホイールハウスエクステンションを装備するなど、内外装をSUV風にドレスアップしたモデルである。日本では2006年9月に先代のポロをベースとしたモデルの導入が開始され、現行の5代目をベースとしたものは2010年6月に発売されていた。

今回のモデルは、ベース車のポロを2014年8月にマイナーチェンジしたのに伴い、改良を施したものである。エンジンは「ポロTSIコンフォートライン」と同じ1.2リッター直4直噴ターボで、トランスミッションには7段DSGを搭載。今回初めてアイドリングストップ機構を採用したことで、従来モデルより約16%高い21.9km/リッターの燃費(JC08モード)を実現している。

ボディーカラーは新色2色を含む全5色の設定で、特に歴代クロスポロのテーマカラーであるオレンジに関しては、これまでのポップな色調から落ち着いたトーンの「ハニーオレンジメタリック」に変更した。

一方、インテリアはブラックを基調に、シートの座面や背もたれの内側、ドアトリムにアクセントカラーをあしらったもので、ボディーカラーがハニーオレンジメタリックまたは「チタニウムベージュメタリック」の場合はベージュ、「フラッシュレッド」の場合はレッド、「リフレックスシルバーメタリック」の場合はグレーを組み合わせている。

これらを含む、クロスポロ専用装備は以下の通り。
・フロント&リアバンパー
・ホイールハウスエクステンション
・シルバードアミラー
・シルバールーフレール
・ボディー色とカラーコーディネートされたファブリックシートとドアパネル(ベージュ、レッド、グレー)
・215/40R17タイヤ、7.5Jx17アルミホイール(10スポーク)

また、ベース車と同じくプリクラッシュブレーキシステムの「フロントアシストプラス」や「シティエマージェンシーブレーキ」「マルチコリジョンブレーキシステム」を標準で採用するなど、充実した安全装備も同車の特徴となっている。

価格は275万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フォルクスワーゲン) 2017.9.15 画像・写真 フランクフルトショーにおけるフォルクスワーゲンの展示ブースより、コンパクトSUVの「T-Roc」や、新型「ポロGTI」、電気自動車のコンセプトモデルである「I.D.CROZZ II」「I.D.BUZZ」などの姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.11 試乗記
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記