ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド(4WD/8AT)

やさしい気持ちで乗るポルシェ 2014.11.11 試乗記 マイナーチェンジを機に、ハイブリッドモデルから“プラグイン”ハイブリッドモデルへと進化した、「ポルシェ・カイエン」の環境型モデル。その仕上がりやいかに? ドイツ本国で試乗した。

ポルシェにとっては「頼みの綱」

次世代の環境テクノロジーとされるプラグインハイブリッドを採用したモデルがじわじわと拡大しつつあるが、「シボレー・ボルト」「トヨタ・プリウスPHV」「三菱アウトランダーPHEV」「BMW i8」「アウディA3 e-tron」と、これまでのところ、どの自動車メーカーも“1社1モデル”の原則を守っている。裏を返せば、プラグインハイブリッド車(PHV)の開発にはそれなりの体力が必要になるのかもしれない。

ただし、例外もある。それがポルシェだ。彼らはすでに「パナメーラS E-ハイブリッド」と「918スパイダー」の2車種を販売しており、それに続いて今度は「カイエンS E-ハイブリッド」を投入、3台のPHVをラインナップする世界初の自動車メーカーとなった。

なぜ、ポルシェはこれほどPHVの導入に積極的なのか? その根拠は、PHVであれば、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンを積む内燃機関自動車、それに(プラグインでない)ハイブリッドカーでは到底実現できない燃費データをマークできるという点にある。例えばパナメーラや918スパイダーの燃費はヨーロッパの計測方式でおよそ32.2km/リッター。パナメーラのように車重が2トンを超すクルマや、918スパイダーのようにシステム出力が900psに迫るスポーツカーでは、本来、決して達成できない数値だ。

それでも、公式にこのような数値が発表できるのは、EV走行も可能なPHVには特別な燃費の計算方法が採用されているからにほかならない。つまり、公表されているデータは頻繁にバッテリーを充電しながら走行するパターンを想定したもので、例えば、あらかじめバッテリーを充電しないで長距離旅行に出掛けたときの燃費は30km/リッターには到底及ばないはず。
それでも、ヨーロッパで本格的に導入されつつある燃費規制をクリアするのに、いまのところPHV以外に現実的な解決方法はない。だから、CO2排出量の多いハイパフォーマンススポーツカーを手がけるメーカーは、ポルシェと同じようにPHVをいち早くラインナップに加えてもいいのに、これまでのところ彼らの動きは機敏とはいえない。つまり、ポルシェほど将来の地球環境を真剣に考えているスポーツカーメーカーはほかにないのである。

2010年のデビュー以来、初のマイナーチェンジが実施された第2世代の「ポルシェ・カイエン」。同時に、従来のハイブリッドモデル「カイエンSハイブリッド」はプラグインハイブリッドモデル「カイエンS E-ハイブリッド」に代わった。


    2010年のデビュー以来、初のマイナーチェンジが実施された第2世代の「ポルシェ・カイエン」。同時に、従来のハイブリッドモデル「カイエンSハイブリッド」はプラグインハイブリッドモデル「カイエンS E-ハイブリッド」に代わった。
インテリアの基本デザインは、他の「カイエン」ファミリーと同じ。なだらかに傾斜するセンターコンソールが特徴的だ。
インテリアの基本デザインは、他の「カイエン」ファミリーと同じ。なだらかに傾斜するセンターコンソールが特徴的だ。
ハイブリッドシステムのエネルギーフローは、インストゥルメントパネル中央の液晶画面で確認できる。
ハイブリッドシステムのエネルギーフローは、インストゥルメントパネル中央の液晶画面で確認できる。
現在ポルシェがラインナップする、PHV3モデル。写真左は今回のテスト車「カイエンS E-ハイブリッド」で、右手前がスーパースポーツ「918スパイダー」。その奥に並ぶのが、4ドアサルーン「パナメーラS E-ハイブリッド」である。
現在ポルシェがラインナップする、PHV3モデル。写真左は今回のテスト車「カイエンS E-ハイブリッド」で、右手前がスーパースポーツ「918スパイダー」。その奥に並ぶのが、4ドアサルーン「パナメーラS E-ハイブリッド」である。
メカニズムの特徴を示す「e-hybrid」エンブレム。「カイエンS E-ハイブリッド」の各所には、象徴的なアクセントカラーとして黄緑色が使われる。
メカニズムの特徴を示す「e-hybrid」エンブレム。「カイエンS E-ハイブリッド」の各所には、象徴的なアクセントカラーとして黄緑色が使われる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カイエンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る