第264回:新興国ビジネスはどう変化する?
日産が攻めるインドネシア市場の展望と課題

2014.11.11 エッセイ

その急成長ぶりから、世界中の自動車メーカーが注目を寄せるインドネシア市場。このマーケットでの飛躍を目指す日産の戦略をリポートする。

右ハンドル、左側通行、クルマの95%が日本車

日本国内はもちろんのこと、グローバル化が進む自動車産業において重要視されているのが北米、欧州、そして中国の市場である。経済記者やアナリストが市場分析を行う場合は、規模の大きいこれらのマーケットをどうしても優先してしまうが、世界規模かつ多角的にビジネスを行っている以上、他にも重視すべきエリアは当然存在する。そのひとつが「新興国」である。

2000年ごろであれば「BRICs(ブリックス)」などがメジャーだったが、昨今、ポストBRICsとして取り上げられる機会が多いのが「VISTA(ヴィスタ=ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)」である。今回はそのうちのひとつであるインドネシアに注目。2013年9月にワールドプレミアが行われ、2014年5月から本格的に市場投入が始まったダットサンブランドについて、現地のディーラーや工場をまわり、新興国から起きうる新しいビジネスの波を感じ取ろうというのが取材の目的である。

インドネシア訪問は2回目なのだが、今回十数年ぶりに訪れて、まずはその変わりように驚かされた。自動車メディアで都市の発展などを報告してもあまり興味は持たれないかもしれないが、首都ジャカルタにはクルマがあふれており、しかも、とにかく日本車が多かったのだ。実は当たり前のことで、この国で登録されているクルマの95%が日本車なのである。おまけに右ハンドル&左側通行と、インドネシアはある意味「日本より日本らしい」クルマ事情なのだ。

もちろん、平日における首都ジャカルタの渋滞のすごさは日本とは比較にならないほど強烈。そこにクルマの数倍の市場を持つといわれるバイクが絡んでくる。ちょっとの隙間があれば容赦なく割り込んでくるのだが、ヘタをすると数10cmレベルまで接近することも珍しくはない。現地の人に聞くと「そんなことは日常茶飯事」。それでも事故があまり起きないあたり、インドネシア人は実は優れた運転テクニックを持つ国民なのかもしれない。

インドネシアで販売される日産のコンパクトカー「ダットサンGOパンチャ」の運転席にて、ご満悦の筆者。
インドネシアで販売される日産のコンパクトカー「ダットサンGOパンチャ」の運転席にて、ご満悦の筆者。
高層ビルが立ち並ぶジャカルタ市内。日本からのODAも使い、慢性的な交通渋滞解消のために地下鉄建設が積極的に行われている。
高層ビルが立ち並ぶジャカルタ市内。日本からのODAも使い、慢性的な交通渋滞解消のために地下鉄建設が積極的に行われている。
現地ではバイクとともにタクシーも重要な移動の足。現地ガイドによれば「日産アルメーラ(日本名:ラティオ)」が人気とのこと。
現地ではバイクとともにタクシーも重要な移動の足。現地ガイドによれば「日産アルメーラ(日本名:ラティオ)」が人気とのこと。
ジャカルタ市内にあるNMI(ニッサン・モーター・インドネシア)の本社は、1階と中2階がショールームになっていた。
ジャカルタ市内にあるNMI(ニッサン・モーター・インドネシア)の本社は、1階と中2階がショールームになっていた。

第264回:新興国ビジネスはどう変化する?日産が攻めるインドネシア市場の展望と課題の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ