ツートンカラーのキューブ登場、特別仕様車も

2014.11.07 自動車ニュース
「日産キューブ15X コダワリセレクション」
「日産キューブ15X コダワリセレクション」

ツートンカラーの「日産キューブ」登場、特別仕様車も

日産自動車は2014年11月6日、「キューブ」に一部改良を施すとともに、特別仕様車「15X コダワリセレクション」を設定。同日、販売を開始した。

「アクアミント」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「アクアミント」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「ビターショコラ」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「ビターショコラ」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「スオミブルー」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「スオミブルー」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。

■カラーバリエーションが全11種類に

今回の改良では、4WD車の設定を廃止し、グレードを「15X」「15X Vセレクション」「15G」の3種類に整理。またVDCを全車標準装備とした。

カラーバリエーションの強化も図っており、「スオミブルー」「ビターショコラ」「アクアミント」の3色をベースに、ボディーの一部を「ブリリアントホワイトパール」で塗り分けたツートンカラーを新たに設定した。これらのツートンカラーは、1991年に登場した「フィガロ」のそれをイメージして設定したもので、ルーフ、ドアミラー、アウトサイドドアハンドルに加え、「15G」以外のグレードでは15インチフルホイールカバーもホワイトパールとなる。これにより、キューブのボディーカラーは全11種類のバリエーションとなった。

ラインナップと価格は以下の通り。
・15X:159万8400円
・15X Vセレクション:178万2000円
・15G:198万7200円

「15X コダワリセレクション」のインテリア。
「15X コダワリセレクション」のインテリア。

ツートンカラーのキューブ登場、特別仕様車もの画像

■本革やメッキパーツを使った専用インテリア

15X コダワリセレクションは、15Xをベースに本革と「カブロン」と呼ばれる合成皮革を組み合わせたコンビシートや、メッキインナードアハンドルなどを装備し、インテリアの質感を高めた特別仕様車である。

具体的な特別装備の内容は以下の通り。
・コダワリブラウンインテリア(本革/カブロン コンビシート)
・本革巻き3本スポークステアリング
・メッキインナードアハンドル
・フロントフォグランプ
・オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付き)

価格は164万7000円。

(webCG)
 

関連記事
  • 日産キューブ アクシス/キューブ ライダー パフォーマンススペック 2013.3.22 画像・写真 オーテックジャパンがカスタマイズした2台の特別な「日産キューブ」を写真で紹介。
  • 日産キューブ15G(FF/CVT)【試乗記】 2009.1.26 試乗記 日産キューブ15G(FF/CVT)
    ……237万8250円

    日本にはダメな部分もたくさんあるけれど、世界に誇れるものもあるのではないか。新型「日産キューブ」は、そんな大げさなことを考えさせてくれたのだった。
  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2009.3.5 試乗記 ……218万4000円
    総合評価……★★★★

    3代目になった、シカクい日産車「キューブ」。相変わらずユニークな内外装は目を引くが、さて、肝心の乗り心地のほうは……?
  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)/15G(FF/CVT)【試乗速報】 2008.12.18 試乗記 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)/15G(FF/CVT)
    ……212万1000円/222万750円


    個性的キャラクターが人気の「キューブ」がフルモデルチェンジ。ついに海外進出を果たした3世代目は、どのような印象か? 先代キューブをこよなく愛するリポーターがさっそく試乗した。
  • 日産キューブEX(4AT/CVT)【試乗記】 2002.10.15 試乗記 日産キューブEX(4AT/CVT)
    ……144.2/147.0万円

    メディア、評論家の声をよそに(?)思わぬヒット作となった日産キューブ。貴重な稼ぎ手の新しいモデルは、角がとれたキューブ。さっそくステアリングホイールを握った自動車ジャーナリスト、河村康彦は、しかし気になる点があるのだった……。


  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る