ツートンカラーのキューブ登場、特別仕様車も

2014.11.07 自動車ニュース
「日産キューブ15X コダワリセレクション」
「日産キューブ15X コダワリセレクション」
    拡大

ツートンカラーの「日産キューブ」登場、特別仕様車も

日産自動車は2014年11月6日、「キューブ」に一部改良を施すとともに、特別仕様車「15X コダワリセレクション」を設定。同日、販売を開始した。

「アクアミント」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「アクアミント」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。 拡大
「ビターショコラ」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「ビターショコラ」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。 拡大
「スオミブルー」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「スオミブルー」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。 拡大

■カラーバリエーションが全11種類に

今回の改良では、4WD車の設定を廃止し、グレードを「15X」「15X Vセレクション」「15G」の3種類に整理。またVDCを全車標準装備とした。

カラーバリエーションの強化も図っており、「スオミブルー」「ビターショコラ」「アクアミント」の3色をベースに、ボディーの一部を「ブリリアントホワイトパール」で塗り分けたツートンカラーを新たに設定した。これらのツートンカラーは、1991年に登場した「フィガロ」のそれをイメージして設定したもので、ルーフ、ドアミラー、アウトサイドドアハンドルに加え、「15G」以外のグレードでは15インチフルホイールカバーもホワイトパールとなる。これにより、キューブのボディーカラーは全11種類のバリエーションとなった。

ラインナップと価格は以下の通り。
・15X:159万8400円
・15X Vセレクション:178万2000円
・15G:198万7200円

「15X コダワリセレクション」のインテリア。
「15X コダワリセレクション」のインテリア。 拡大

ツートンカラーのキューブ登場、特別仕様車もの画像 拡大

■本革やメッキパーツを使った専用インテリア

15X コダワリセレクションは、15Xをベースに本革と「カブロン」と呼ばれる合成皮革を組み合わせたコンビシートや、メッキインナードアハンドルなどを装備し、インテリアの質感を高めた特別仕様車である。

具体的な特別装備の内容は以下の通り。
・コダワリブラウンインテリア(本革/カブロン コンビシート)
・本革巻き3本スポークステアリング
・メッキインナードアハンドル
・フロントフォグランプ
・オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付き)

価格は164万7000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
キューブ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第92回:“クルマらしくない”のが奥深い 2018.5.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第92回は「“クルマらしくない”のが奥深い」。元日産の中村史郎氏インタビューの結びとして、日本的自動車デザインについて考える。日本のユーザーが“良し”とするデザインとは?
  • 第91回:日本独自のクルマ観は世界を変える? 2018.5.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第91回は「日本独自のクルマ観は世界を変える?」。元日産・中村史郎氏インタビュー第6弾。国産車が90%以上を占める日本市場、その特殊な環境から生まれた強みとは!? グローバル視点で考える。
  • 第94回:依存症が止まらない 2018.6.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第94回は「依存症が止まらない」。“もうすぐおじいちゃん”を自認する筆者が、「コレなしでは生きていけない」と言い切る生活必需品とは? 食べ物からクルマまで、ムリなく前進するためのこだわり生活を解剖する。
  • 第93回:高齢者の免許返納義務化は是か非か 2018.6.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第93回は「高齢者の免許返納義務化は是か非か」。増え続ける高齢者の事故、その解決策は免許返納しかないのか!? クルマと運転を愛するカーマニアとして、筆者が期待する未来のクルマ社会とは? 
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る