ツートンカラーのキューブ登場、特別仕様車も

2014.11.07 自動車ニュース
「日産キューブ15X コダワリセレクション」
「日産キューブ15X コダワリセレクション」

ツートンカラーの「日産キューブ」登場、特別仕様車も

日産自動車は2014年11月6日、「キューブ」に一部改良を施すとともに、特別仕様車「15X コダワリセレクション」を設定。同日、販売を開始した。

「アクアミント」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「アクアミント」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「ビターショコラ」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「ビターショコラ」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「スオミブルー」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「スオミブルー」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。

■カラーバリエーションが全11種類に

今回の改良では、4WD車の設定を廃止し、グレードを「15X」「15X Vセレクション」「15G」の3種類に整理。またVDCを全車標準装備とした。

カラーバリエーションの強化も図っており、「スオミブルー」「ビターショコラ」「アクアミント」の3色をベースに、ボディーの一部を「ブリリアントホワイトパール」で塗り分けたツートンカラーを新たに設定した。これらのツートンカラーは、1991年に登場した「フィガロ」のそれをイメージして設定したもので、ルーフ、ドアミラー、アウトサイドドアハンドルに加え、「15G」以外のグレードでは15インチフルホイールカバーもホワイトパールとなる。これにより、キューブのボディーカラーは全11種類のバリエーションとなった。

ラインナップと価格は以下の通り。
・15X:159万8400円
・15X Vセレクション:178万2000円
・15G:198万7200円

「15X コダワリセレクション」のインテリア。
「15X コダワリセレクション」のインテリア。

ツートンカラーのキューブ登場、特別仕様車もの画像

■本革やメッキパーツを使った専用インテリア

15X コダワリセレクションは、15Xをベースに本革と「カブロン」と呼ばれる合成皮革を組み合わせたコンビシートや、メッキインナードアハンドルなどを装備し、インテリアの質感を高めた特別仕様車である。

具体的な特別装備の内容は以下の通り。
・コダワリブラウンインテリア(本革/カブロン コンビシート)
・本革巻き3本スポークステアリング
・メッキインナードアハンドル
・フロントフォグランプ
・オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付き)

価格は164万7000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
キューブ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)/15G(FF/CVT)【試乗速報】 2008.12.18 試乗記 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)/15G(FF/CVT)
    ……212万1000円/222万750円


    個性的キャラクターが人気の「キューブ」がフルモデルチェンジ。ついに海外進出を果たした3世代目は、どのような印象か? 先代キューブをこよなく愛するリポーターがさっそく試乗した。
  • 日産キューブ15G(FF/CVT)【試乗記】 2009.1.26 試乗記 日産キューブ15G(FF/CVT)
    ……237万8250円

    日本にはダメな部分もたくさんあるけれど、世界に誇れるものもあるのではないか。新型「日産キューブ」は、そんな大げさなことを考えさせてくれたのだった。
  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2009.3.5 試乗記 ……218万4000円
    総合評価……★★★★

    3代目になった、シカクい日産車「キューブ」。相変わらずユニークな内外装は目を引くが、さて、肝心の乗り心地のほうは……?
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)... 2017.10.6 試乗記