スバル・レガシィB4(4WD/CVT)/レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)

“変わった”のは確か 2014.11.13 試乗記 商品ラインナップから見直された、6代目の「スバル・レガシィ」。その仕上がりは……? セダン「B4」とクロスオーバー「アウトバック」の2モデルで確かめた。

ドイツの御三家も視野に

先代の5代目レガシィは、75%がアメリカで売れたそうだ。日本はたった5~6%で、そのうち6割を「ツーリングワゴン」が占めていたが、その座は「レヴォーグ」に継いでもらうことにして、日本市場もB4とアウトバック2本立ての世界戦略に合わせることにした。というのが、ツーリングワゴンのない新型レガシィの布陣である。

一番売れるマーケットに合わせたクルマづくりをするのは理の当然で、6代目はまた少しボディーが大きくなった。特にB4は全幅が6cm広がり、アウトバックとともに1840mmに育った。

試乗会に先立つプレゼンテーションで、開発リーダーの内田雅之氏は、全幅1840mmをミドルサイズカーとして「グローバルなサイズ」と表現していた。しかも全幅の拡大は、室内寸法ではなく、彫りの深い彫刻的なデザインのために充てたという。アメリカで「メルセデス・ベンツCクラス」や「BMW 3シリーズ」や「アウディA4」らと戦うには、これくらいの大きさがスペックとして必要という判断なのだろう。
大きくなったボディーは品質感の向上も図られ、B4で旧型比48%、アウトバックで67%の剛性アップを果たしたという。

エンジンはポート噴射の2.5リッター水平対向4気筒のみ。つまりFB25に一本化された。トルクは変わらず、パワーが2ps上がっただけだが、クランクシャフト、コンロッド、オイルパンなどを除いて、8割のパーツを新設計したという。

2014年10月24日に国内で発売された、6代目「レガシィ」。新型は、セダン「レガシィB4」とクロスオーバー「レガシィアウトバック」の2モデル構成となる。
2014年10月24日に国内で発売された、6代目「レガシィ」。新型は、セダン「レガシィB4」とクロスオーバー「レガシィアウトバック」の2モデル構成となる。
ボディーサイズは、先代からさらに大きくなった。ホイールベースは据え置きであるものの、全長は「B4」(写真)で50mm、「アウトバック」で25mm延長された。
ボディーサイズは、先代からさらに大きくなった。ホイールベースは据え置きであるものの、全長は「B4」(写真)で50mm、「アウトバック」で25mm延長された。
水平基調のデザインで仕立てられたインテリア。ダッシュボードやドア内張りにソフトパッドを採用するなど、質感の向上が図られている。
水平基調のデザインで仕立てられたインテリア。ダッシュボードやドア内張りにソフトパッドを採用するなど、質感の向上が図られている。
上級グレード「リミテッド」には、ブルーのイルミネーションで先進感を演出したというメーター(写真)がおごられる。
上級グレード「リミテッド」には、ブルーのイルミネーションで先進感を演出したというメーター(写真)がおごられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る