スバル・レガシィB4(4WD/CVT)/レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)

“変わった”のは確か 2014.11.13 試乗記 商品ラインナップから見直された、6代目の「スバル・レガシィ」。その仕上がりは……? セダン「B4」とクロスオーバー「アウトバック」の2モデルで確かめた。

ドイツの御三家も視野に

先代の5代目レガシィは、75%がアメリカで売れたそうだ。日本はたった5~6%で、そのうち6割を「ツーリングワゴン」が占めていたが、その座は「レヴォーグ」に継いでもらうことにして、日本市場もB4とアウトバック2本立ての世界戦略に合わせることにした。というのが、ツーリングワゴンのない新型レガシィの布陣である。

一番売れるマーケットに合わせたクルマづくりをするのは理の当然で、6代目はまた少しボディーが大きくなった。特にB4は全幅が6cm広がり、アウトバックとともに1840mmに育った。

試乗会に先立つプレゼンテーションで、開発リーダーの内田雅之氏は、全幅1840mmをミドルサイズカーとして「グローバルなサイズ」と表現していた。しかも全幅の拡大は、室内寸法ではなく、彫りの深い彫刻的なデザインのために充てたという。アメリカで「メルセデス・ベンツCクラス」や「BMW 3シリーズ」や「アウディA4」らと戦うには、これくらいの大きさがスペックとして必要という判断なのだろう。
大きくなったボディーは品質感の向上も図られ、B4で旧型比48%、アウトバックで67%の剛性アップを果たしたという。

エンジンはポート噴射の2.5リッター水平対向4気筒のみ。つまりFB25に一本化された。トルクは変わらず、パワーが2ps上がっただけだが、クランクシャフト、コンロッド、オイルパンなどを除いて、8割のパーツを新設計したという。

2014年10月24日に国内で発売された、6代目「レガシィ」。新型は、セダン「レガシィB4」とクロスオーバー「レガシィアウトバック」の2モデル構成となる。
2014年10月24日に国内で発売された、6代目「レガシィ」。新型は、セダン「レガシィB4」とクロスオーバー「レガシィアウトバック」の2モデル構成となる。
ボディーサイズは、先代からさらに大きくなった。ホイールベースは据え置きであるものの、全長は「B4」(写真)で50mm、「アウトバック」で25mm延長された。
ボディーサイズは、先代からさらに大きくなった。ホイールベースは据え置きであるものの、全長は「B4」(写真)で50mm、「アウトバック」で25mm延長された。
水平基調のデザインで仕立てられたインテリア。ダッシュボードやドア内張りにソフトパッドを採用するなど、質感の向上が図られている。
水平基調のデザインで仕立てられたインテリア。ダッシュボードやドア内張りにソフトパッドを採用するなど、質感の向上が図られている。
上級グレード「リミテッド」には、ブルーのイルミネーションで先進感を演出したというメーター(写真)がおごられる。
上級グレード「リミテッド」には、ブルーのイルミネーションで先進感を演出したというメーター(写真)がおごられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る