スバル・レガシィB4/レガシィアウトバック 開発者インタビュー

今度のスバルは“味自慢” 2014.11.13 試乗記 富士重工業
スバル商品企画本部
上級プロジェクトゼネラルマネージャー
内田雅之(うちだ まさゆき)さん

初代誕生から25年を経た、スバルの基幹車種「レガシィ」。その最新型となる6代目にかける思いを、開発責任者に聞いた。

考えぬいての2車種体制

――真っ先にうかがいたいのは、やはり、これまで日本で“レガシィの顔”とされてきた「ツーリングワゴン」がなくなってしまった背景なのですが。

そうですね……まず、クルマの姿形は時代とともに変わっていくということがありますね。過去の歴史を振り返りますと、ツーリングワゴンが世の中で支持されてきたのは、その時代の先端を行く人たちが、スキーなどのレジャーで「これはいいぞ」と使ってくれたからなんですね。
では、これからの(レガシィの)お客さまは何を望まれるのかというと――年齢も上がってきていますし――「ゆっくり走って、出掛けた先で何かをすることで充実感を味わいたい」わけです。その目的には、ツーリングワゴンよりもマルチパーパス性で勝る「アウトバック」のほうが適している。あとは、走りをさらに気持ちよくできれば……と考えました。

――市場からも求められていることだと。

この動きはアメリカで先行して見られるもので、現地では先代(5代目)の早い段階からツーリングワゴンをなくしています。日本でも、同じ流れが予想される。さらに日本市場には「レヴォーグ」がありますので、そのすみ分けとして、「レガシィのワゴン系はもっとSUV色を強めたほうがいい」と判断したのです。
もともとアウトバックはワゴンなのかSUVなのかハッキリしないところがありましたから、ここは勇気を持って(イメージの近い)ツーリングワゴンを廃し、アウトバックのキャラクターを際立たせることにしました。

2014年10月発売の新型「レガシィ」には「ツーリングワゴン」が存在しない。ワゴンボディーに対する需要は、主に、写真のクロスオーバーモデル「アウトバック」が引き受けることになる。
2014年10月発売の新型「レガシィ」には「ツーリングワゴン」が存在しない。ワゴンボディーに対する需要は、主に、写真のクロスオーバーモデル「アウトバック」が引き受けることになる。
6代目「レガシィ」のもう1車種は、セダン「B4」。これら個性の異なる2モデルが、“スバルの頂点”をになう。
6代目「レガシィ」のもう1車種は、セダン「B4」。これら個性の異なる2モデルが、“スバルの頂点”をになう。
<プロフィール>
1981年、富士重工業に入社。車体設計部に配属の後、「レオーネ」の開発に携わる。「レガシィ」には初代(車体設計)から関わっており、4代目では開発プロジェクトチームに参加。5代目で車体設計の部門長に。今回の6代目では開発責任者を務めた。
<プロフィール>
	1981年、富士重工業に入社。車体設計部に配属の後、「レオーネ」の開発に携わる。「レガシィ」には初代(車体設計)から関わっており、4代目では開発プロジェクトチームに参加。5代目で車体設計の部門長に。今回の6代目では開発責任者を務めた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
ホームへ戻る